ナンパでのファッション

ファッション

どうも、マリスです。

今日は、服装・ファッションに疎い人向けに、その改善方法を。

もともと俺も服装・ファッションにはめちゃめちゃ疎く(今でも疎いけど)、
何を着ればいいのか、
どういう服装が女ウケいいのかなんて事はわからず、

そのイケてないセンスでチョイスした服を適当に選んで着ていたんですよね。

当時は、自分の着てる服がダセーって事も認識できてなかったけど、
なんせ、いい大人が他人の服装を面と向かって「お前の服ダセーよ」ってダメだしする事は基本的に無いわけですよ。
わざわざ指摘するのも面倒くさいし、そんなセンシティブな事を指摘して相手の反感を買ってしまう可能性もあるわけで、
わざわざダセー服装の指摘なんてしてくれない。

だから、ダセー服着てる人はダセー服を着続ける事になる。

そんなわけで、長い事ダセー服きてナンパ続けてたんですけど、
ある時、「お前の服ダセーよ」って正面切って指摘してくれる人と出会いましてw

まーボロクソ言われましたw。

「それ捨てた方がいいレベルだけど。」
とかw。

で、なんか自信満々に俺が服選んでやる的な事を言ってきたので、
そのままショップへ行って服選んでもらう事にしたんですよね。

ハイこれ、ハイこれ、といった感じで、
俺の好みは関係なしに、
インナーやジャケット、パンツがその人のチョイスによって選ばれて、渡されていく。
で、試着させられる。

で、着てみた感想。
→え?、、なんか攻めすぎじゃね?、、、。なんか恥ずかしいわ、、。

自分的には違和感しか無かったのですよね。

で、その人に見せると、
「おーーー、めっちゃよくなったじゃん。買いなー!さっきの服はこのまま店で処分してもらったら?

俺の心の声
→、、、、、、。

その強い押しに圧倒され、流される感じを感じながら、そのままその人のチョイスをフルセットで購入。
4,5万くらい?

で、その足でそのままナンパスポットに直行。

行くと知り合いのナンパ師が複数いたんですけど、
知り合いナンパ師「おーーー!、なんかめっちゃいい感じになってるじゃないっすかー!全然違いますね!」

俺の心の声
→お、今の俺はイケてるのか?、、、。

女に声かけて連れ出すと、
「お兄さん、雰囲気いい感じだね。」

俺の心の声
→お、やっぱこの服が正解なのか?、、、。

ナンパ仲間にしろ、女の子にしろ、これまでの服装の時とは明らかに反応が違った。

で、気づいた。
これまでの俺の服は、ダサい。
違和感あるけど、この選んでもらった服装は、イケてる。

で、それ以降、ナンパ出撃の度に、そのフルセットで毎回出撃。
自分の好みを入れて、ダサくなる事が怖かった。

しかし、次第に季節が変わり、選んでもらった服装だと季節外れになってくる時期になり、
同じ服での出撃は厳しくなってくる。

また、当時服を選んでくれた仲間に服を選んでもらえればよかったが、
仕事が忙しいのか何なのか、ナンパに出てこなくなっており、
服を選んでくれる師匠がいない状態となった俺は、
何を血迷ったか、また自分のチョイスで服を選んでしまう。

例によって、
「その服ダセーな」って言ってくる男も女もいないけど、
明らかに、選んでもらった服を着ていた時期と比べて、雰囲気を褒められる事が無くなったのは明確に気づいた。

雰囲気を褒められる気持ちのよい感覚を覚えてしまっていた俺としては、
ダセー服を着て、
雰囲気を褒められないのは不満だった。

なんとかして雰囲気のいいフルセットを入手したかったが、
自分のチョイスで集めると確実にダサくなる。
自分のチョイスを入れてはいけなかった。

店員にオススメを聞くのも、
店的に売りたいものを売りつけられるようで嫌だった。
その売りつけられるものがイケてるのかダサいのかを判断する目を持ち合わせていない俺としては、
的確な判断ができずに、言われるがままに買うしかない。
それは嫌だった。

しかし、灯台下暗し!

イケてる服のフルセットは店頭に提示されている事に気づく。

そう、マネキンが来てる服フルセットだ!!

マネキンが来てる服のフルセットは、
そのショップに勤めてる服オタクが、その店で売られている服を一番イケている形でコーディネートしたものだ。
それをそのまま買えばいい事に気づいた。

そのままフルセットで買う事で、
自分のダセーチョイスが入り込む余地が無いし、
何より、それらの服がその店で全部手に入る。

雑誌でモデルがいい感じの服を着てて、それを全部マネしようったって、
服のブランドがバラバラで全部揃えられないけど、
ショップのマネキンが来てる服は、イケてる上にその店で全部入手できる事に気づいた。

で、何個かあるマネキンのうち自分が一番気に入ったマネキンのフルセットをそのまま購入し、着る事にした。

女に声かけて連れ出した。

「お兄さん、雰囲気いい感じだね。」

服を選んでもらたった時の状態が戻った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました