ナンパ初心者はセリフやトークを暗記する方向でOK

ナンパノウハウ

どうも、マリスです。

「本質の伝授が初心者に役立つとは限らない」というテーマで言いたい事を言わせて頂く。

俺がナンパ講習を受けて、ストリートナンパデビューする以前(2006年以前)、
ナンパブログなるものを発見し、
ストリートナンパに憧れ、自分もやってみたい気持ちがあったので、
色々なナンパブログやナンパサイトを読み漁りました。

当時は、今は無き「ナンパ研究会」ってサイトとか、既にナンパ界から姿を消したナンパ師Sanziさんのサイトとかが、
アクセス多かったのかな。

で、そこでナンパの第一声についての記事とかを探すと、
「ストリートナンパでの第一声は何でもいいです。」って書いてある事が結構多かったんですよね。

ストリートナンパでの第一声は何でもいい、ってのはこれは真理であり本当ではあります。

今の自分もこれには賛成で、この記事以外の記事で、第一声は何でもいい的な事を書いています。

ただ、これをそのままナンパ初心者とか、これからナンパを始めたいって人に伝えるのは全く意味が無いのですね。

ナンパを始めたいけど、ビビって声がかけられない人に、
「ストリートナンパでの第一声は何でもいいです。」ってアドバイスするのはマジで何の意味も無くて、
間違いなく、その人が声かけできるようにはならないのですね。

ナンパを始めたいけど、ビビって声がかけられない人にとっては、
まず声かけをできるようにする、
っていうのが一番大切であって、
それを補助するアドバイスが正しいアドバイスだと思うのですね。

声かけできるかどうかってのはメンタルの問題なので、何というセリフを言うべきかは本質ではないのですが、

「第一声は、〇〇〇〇〇っていう声かけをすればOKです。理由は△△△△△△です。」
ってシンプルに伝えて、

セリフで悩まないようにしてあげて、
やってるうちにメンタルも強くなって、
やっているうちに、
第一声は何でもいいという真実に気づき、
自由自在に第一声をひねり出せるようになって、結果も出しまくって、
楽しくやっていけばいいと思うのですね。

なので、
第一声を決められたフレーズでアドバイスするのは、
非常に小手先感溢れていて、それが本質ではないし、唯一の正解でもあり得ないのですが、

「ストリートナンパでの第一声は何でもいいです。」っていう真実をそのまま伝えるより、
よっぽど、これからナンパを始めようとする人の成長に寄与してくれると思うのですね。

なので、
ナンパ関連で何かしらアドバイスを求められる事があったら、
単純に真理を伝えるってよりは、
その人にとって意味のある回答をしていきたいと思うのですね。

これから初めて車の運転を習得しようとして教習所に通おうとしている人ってのは、
これがアクセルでこれブレーキで、みたいなしょーもない、本やウェブに普通に書いてあるレベルの事を、
細かく説明される事が非常にタメになるわけです。

そこに運転を極めた、世界的F1レーサーみたいな人が現れて、
「トライビングとは風と一体化する事です。」みたいな事言うのは、
全く何の役にも立たんのですよ。

それがそのF1レーサーが長年トレーニングする中で身に着け、気づいためちゃめちゃ深い真理だったとしても。

これからボクシング始めたいって人は、
まずは、
右のジャブ1000回、左のジャブ1000回、その後、足腰鍛えるためにスクワット500回やれ!、
とか言われて、
ヒーヒー言いながらそれをこなすのが成長しますね。

そこに、ブルースリーみたいな格闘技極めた奴が現れて、
「Don’t think!! Feel!!」みたいな、
心で感じろ!、みたいな深すぎる事言っても、
初心者には無益ですね。

で、これはナンパでも同じですね。

ストリートナンパにおける第一声は何でもいい、ってのは真理ですが、
色々やるうちに自然と気づくものであって、
「トライビングとは風と一体化する事です。」とか、
「格闘技とは心で感じるものだ。」的な
直接的に初心者の成長に寄与しない類のものなのですね。

初心者には全く役に立たない。

そんなわけで、
もし全くナンパをやった事がない人に、
「ストリートナンパで、第一声は何て言えばいいですか?」って聞かれる事があったら、
具体的なセリフを言ってあげたいと思っている。

(セリフよりもメンタルが重要なので、メンタルの重要性は伝えた上で。)

基本は、
どんな女にでも使える(相手の女によってセリフを変えなくていい)、かつ、
そこまでハードルが高くなく、女が笑ってくれる可能性のあるセリフを、ブッこんでみる、ってのがオススメだと思う。

(例)

「すいませんすいません!、ちょっと道聞きたいんですけど!。明日ってどっちですか?」
→これ、毎回同じセリフでいけますよね。

「あ、どうも!すごいキレイな人と一緒に相撲見たいなって思ってたんですけど、一緒に相撲見てもらえません?
実は僕、元相撲部なんですよ。」
→これ、毎回同じセリフでいけますよね。
(ガリガリな人にオススメ。太った人がやるとおもしろくない。)

こういうくだらない事言うのがハードル高いなら、
もっと普通の事言いましょう。

「おい~す!何食ったらそんなに美しくなれるんすかー?!」
→これ、毎回同じセリフでいけますよね。

このセリフ自体がおもしろいかどうかはどうでもよくて、

「毎回このセリフでいけばいいんだ」、って安心感を持ってもらえることで、
ガンガンこの同じセリフで声をかけていけるようになってもらえる事に意味がある。

ひいてはそれが、場数・経験値が増える事で、
メンタルやコミュニケーション能力向上にどんどん寄与し、
自由自在にストリートナンパできるようになっていく。

結論:初心者に対しての、セリフ固定のアドバイスは大いに意味がある。

俺含め、ある程度ナンパの経験値が高く、ナンパ初心者にナンパのアドバイスをする可能性がある人視点で書いちゃったけど、
ナンパ初心者の人目線で言えば、
結論:具体的な、そのまま使えるナンパトークやセリフ・フレーズを暗記する方向でOK。
って事になりますね。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました