池袋渋谷でナンパしてセックスした10年以上前の女の子達

池袋ストリートナンパ

どうも、マリスです。

池袋渋谷でナンパしてセックスした10年以上前の女の子達をネットで検索してみた

俺は、2006年に20歳の頃にナンパを初めて、2019年現在33歳。

なので、ナンパ初期に声をかけた女の子たちは、
2019年現在時点で、
若くても20代後半、
場合によっては、アラサーでは済まずアラフォーになっている。

ナンパを始めて1,2年が立ち、
ナンパに慣れ、
ストリートナンパで即ってのも当たり前となり、
累積ゲット数もどんどん増え続けている状態になると、
それぞれの個別の女の子の事など覚えていられなくなり、
後から、
どんな子をゲットしたのかは思い出せなくなっていく。
もちろん名前も出てこない。

それでも、
ナンパを始めたばかりで、
まだ地蔵癖がある状態でビクビクしたメンタルで街に立ち、
一声掛け一声掛け勇気を振り絞って声をかけていた頃にナンパして知り合った女の子の事は、
記憶が鮮明に残っている。

特にストリートナンパで始めてセックスした女の子の事とかは、
どんなナンパ師も忘れてないでしょう。

てな感じで、
10年前以上にゲットした女の子でも、
ナンパ活動開始初期であれば初期であればある程、その女の子の事を鮮明に覚えており、
フルネームで名前がでてくる女の子もいる。

で、
2019年33歳現在、
2007年や2008年頃にストリートナンパでセックスした女の子で、
フルネームを思い出す事ができた当時気に入った女の子のフルネームを、
google検索や、facebookで
2人検索してみた。

結果、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

2人ともヒットしたw。

一人目は、
google検索で、
企業のコーポレートページがヒットした。

なぜこのページがヒットするのか、とよく見てみると、
その企業の人事担当となっており、
その企業のコーポレートサイトの求人ページの「人事担当者からのメッセージ」
みたいな枠に、
その子が、フルネームと写真付きで載っていたw。

当時18歳くらいの大学生だったその女の子も現在はアラサーとなっており、
写真からも、アラサー感が伝わるそれなりの感じになっていたw。

複雑な気持ちになったw。

今どうしているのかw、
結婚してるのか、、、、w、
子供はいるのかな、、、w
と、、w。

2人目は、
facebookでの友達検索でヒットした。

普通の、いわゆるスト高の女に成長していたw。

レッドブルとかモンスター的なエナジードリンクのプロモーションみたいな場で、
かわいい子達だけが販促キャンペーンガールをやるような場で、
ちょいエロ目の露出度高めのピチピチっとしたキャンペーン衣装を着ていたが、
その中の1人としてキラキラと映っていたw。

当時18歳のJKだったので、この子も同じくアラサーのはずだけど、
こちらの子はアラサー感のない、
普通のイイ女に成長していた。

現時点のこの女の子を即日セックスしたナンパ師がいたとしたら、

過去最高の超スト高即!!!!
最高だった!
まじナンパ始めてよかった!!!

みたいな感じで、Twitterでドヤったり、マウントとりまくるであろうことが予想されるレベルに、
イイ感じになっていたw。

まあ、内面はどうなってるかは知らんけどw。

少なくとも見た目だけで言えば、
かわいい女が集合するクラブとかフェスとかにいても綺麗さで目立てるレベルになっていたw。

この女の子に関しても、

結婚してるのか、、、、w、
子供はいるのかな、、、w
と、思ったりしたが、

この女の子に関しては、
結婚もしてなければ、子供もいなそうw。

ちゃんとした根拠ないけど、なんとなく見た目的にw。

そのナンパした女の子達とセックスしてた当時を思い出した

んで、
俺が20歳そこらだった頃に、それぞれの女の子をナンパした時の事がめちゃめちゃ鮮明に蘇ってきた。

んで、これ以降はその記憶をダラダラを書こうと思う。

ナンパした女の子1人目:
当時18歳の大学生(→現在、アラサーの人事担当者)

当時18歳の大学生を池袋でナンパ

その日は、法科大学院に通う年上のナンパ師と一緒に池袋のサンシャイン通りでナンパしていた。

当時からサンシャイン通りはキャッチが多く、
目立つナンパをするとキャッチが絡んできてイチャモンをつけられる、
って事で有名なサンシャイン通りだったけど、
当時の俺には、
池袋駅前とかよりも、
弱そうな女の子が多いサンシャイン通りの方がナンパする場所として心地よかった。

で、サンシャインで、
ソロで声かけたり、ナンパ仲間とコンビで声かけたりしてたら、
その女の子Aとその女の子の友達Bが2人で歩いてくる。

女の子を囲む形で平行トークをしながら、

つまり、下記のようなポジションをとり、

↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑
↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑
↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑
俺・女A・女B・ナンパ仲間
↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑
↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑
↑↑↑↑進行方向↑↑↑↑

それぞれ、担当の女の子とトーク!

ワイワイ楽しい雰囲気で会話をする事ができ、
スムーズに、俺は女の子Aから連絡先ゲット。(当時は、ガラケーで赤外線)

ナンパ仲間は、女の子Bから連絡先ゲット。

池袋でナンパした18歳の大学生を新宿でアポってセックス

で、俺は女の子Aと連絡を取り合って、
後日、新宿でアポを設定。

で、大学終わりの女の子Aと新宿で合流。

当時は、連れ出しだろうがアポだろうが、
基本的には満喫とかカラオケで短時間で低コストでセックスする、ってのが主流だったので、
とりあえず連れていく場所としては、
カラオケか満喫の2択だった。

その日はカラオケに行く事にした。

カラオケにin。

当時は、トークはめちゃめちゃ未熟で、
綺麗に流れを作るとか、
戦略をもって楽しませるとか、
トークでセックスを確定するとか、
ってのは全然できなくて、

とりあえず、恋人がイチャイチャするような雰囲気にもっていって、
キスしたりしながら、
なし崩し的にセックスするのを狙う、
ってのしか知らなくて。

そのアポでもそれを狙う。

んで、近くに座らせてみたり、後ろから抱きしめてみたり、と
とりあえず体を触って何とかしようっていうレベルの低い事を色々試そうとするが、
うまくいかずw。

女の子がミニスカートとかを履いている場合、
なし崩し的に手マンに持っていって、
女の子を気持ちよくさせてしまう事で、
さらになし崩し的にセックスできる事もあったけど、

その日のその女の子は、
ピッチピチのパッツパツの生地硬めのスキニーデニムを履いていて、
なし崩し的に下半身を攻めるってのも、やる余地が無かったw。

トーク力も無く、それ以上カラオケにいても何をどうする事もできなかった俺は、
とりあえずカラオケを出る事にする。

で、定番!、
とりあえずホテル街の方にフラフラ歩く、
という昔から今まで一貫してず~~~~~~~~~~~っとやり続けている事をやるw。

ホテル街の方へフラフラ・・・と行くw。

ホテル街を一緒に歩く分には、その女の子も別に嫌がる事も特になく、普通だった。

で、マジでトーク力も何も全く無かったから、

とりあえず唐突に、

とあるラブホテルの前で、
俺「とりあえず、ここ入るか!」

で、

女の子「いやいや無いでしょw。」

で、

俺「いや、入ろうよ。大丈夫からw。」

女、

女の子「いや、入らんてw。」

で、

俺が勝手に一人でラブホテルに入っていく。

振り返ると、ラブホテルの前に立っており、着いてこない。

でも、俺はラブホテルを出ない。

女の子は、ラブホテルの前に立っており、着いてこない。

でも、俺はラブホテルを出ない。

女の子は、ラブホテルの前に立っており、着いてこない。

で、

その女の子の方を向いて、手招きしながら、
俺「もう、大丈夫だからって。」

いったい何が大丈夫なのか何も根拠が無いが、
昔から、代々ヤリチンの間で受け継がれてきた魔法のワード「大丈夫」を強調する。

で、

気が乗らない雰囲気を出しながらラブホテルに入ってくる女の子w。

で、フロントで部屋を選んで、部屋にin。

そんな感じで、まったくもってキレイな形でラブホテルに入れておらず、
女の子も、この男とセックスするって事に全く持って乗り気ではないから、
ラブホテルに入っても、

さっきまでカラオケで一緒にいた時と同じように、
うまくいかない。

具体的には、恋人がイチャコラする感じにならないw。

仕方がない、そもそもが圧倒的な実力不足!

実力が無いのに性欲だけで突っ切ろうとしているからキレイな流れにはなりっこない。

で、
トークもカスみたいなレベルでありながら、
とにかく色々試して、
ただただ粘る。

で、ずっと粘ってると女の子の方も、もう面倒くさくなってくるんでしょうねw。

このまま、粘りまくってくる男に対して、弱いグダを返し続けるのも疲れる・・・とw。

ストリートナンパでシカトされ続けるとナンパ師の心が折れるように、
粘りまくる男のギラをグダしつづけるのも女の子的には心が折れてくるのでしょうw。

で、そんな汚い流れの中、
女の子が根負けw。

女の子「わかった、もういいよw。」

というセリフで、
セックスOKのお言葉を頂くw。

当時20歳そこらで、性欲の塊だった俺。

もうヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくて仕方がなかった俺は、
セックスOKのセリフをもらって、
もう、その性欲のままに貪るように女の子の服を脱がし、
女の子を裸にし、
女の子にキスして、
女の子のおっぱいを舐めまくり、
女の子の体中を触って、

とてつもない喜びを感じながら、
性欲でこれでもかって程にギンギンにいきり立った血管まみれのチンコを、
ナンパでとらえた18歳のギャルっぽい大学生の女の子のマンコに挿入!!!

挿入してからも、
女の子が裸で「アンアン」喘ぎまくる姿に興奮しきれない程興奮しまくって、
突いて突いて突きまくり、
そのままホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射!!!

ナンパして新宿のラブホテルでセックスした当時18歳の大学生と何度もセックス

もう、ナンパを始めたての頃のセックスってのは、
本当にすごい満足感があるのですね。

ナンパを始めるまで、中学2,3年頃からず~~~~~~~~っと、
性欲でモンモンモンモンしている中、
ヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくてヤリたくて仕方がなかったにも関わらず、
全くヤレなかった俺にとっては、
ストリートナンパでセックスできる、とかマジで冗談ではなく本当に最高に幸せで、
とんでもない多幸感を味わってました。

んで、
読んで頂いてわかる通り、
ただ性欲だけがとんでもなくあって、
ナンパの実力は全然無い状態だったんですね。

自由自在に連絡先を聞いたり、連れ出したりはできないし、
連れ出したり、アポになっても、
効率よくセックスする流れもわからず、実力も全く無かったのですよ。

ただ性欲はめちゃめちゃある、と。

となると、どうしようと考えるかというと、
一度セックスできた女の子は絶対にキープして、二度目三度目のセックスをしたい!
ってなるんですね。

この女の子と汚らしい流れでセックスができた時も、その考えでした。

また、会ってセックスしたい、と強く思いました。

で、上記で書いたアポで準即のセックスができた後も、
頻繁にやりとりを続け(当時はガラケーでメールでやりとりしてた時代)、

2度目のアポを設定し、
一人暮らしをしていた、その女の子の家に上がり込み、
女の子の家で、またセックス!

で、さらに3度目のアポを設定し、
今度はまたホテルに連れ込んで、
またセックス!

と、何度も何度も同じ子とセックスをするような事をしていたんですね。

で、頭の中の99%はセックスの事しか考えてなかったんですが、
1%くらいは普通のデートもしたいってまともな思いもあって、
一緒に、ららぽーとに行って買い物を楽しむような事をしていました。

ただ、そのららぽーとデートとかをしている間も、
この後はどういう流れにしたらセックスできるだろう、って、
本当に頭の中はセックスの事だらけでした。

で、そんなこんなでその女の子とは10回弱のセックスをしたのだと思うんですが、
それだけセックスばかりを求める会い方をしていると、
女の子も異変に気付くというか、嫌気がさしてくるんでしょうね。

その女の子の事をちゃんと楽しませる、ってことをせず、
この男と一緒にいるの居心地がいい、って思ってもらう事もせず、
ただ俺の性欲だけで、セックスばかりを求めているのですから。

その女の子に家に何回目かに行った時ですが、
(もちろん俺はセックスをしに行っているんですが)

その日のその女の子は、
俺がセックスしようとしても反応悪くセックスに応じず、
そのままこちらを無視するような形でフテくされた感じで寝ちゃったんですよね。

で、その女の子の家に行ったのが、そもそも終電とかだったんで、
それ夜中なのですよ。

そこからセックスに持ち込む事もできない、
電車で帰る事もできない、
という状況で、
女の子の家で、女の子が寝ている状態で途方に暮れて、
結局なんか息苦しくて、
夜中にその女の子の家を出ちゃったんですよね。

で、それが夜中の3時とかですよ。

始発まではかなり時間がある。

たいして金も無いから、どっかの店にも入りたくない。

で、
夜中の3時から始発が動き出す5時くらいまで、
肌寒い気候の夜中・明け方を、
一人で街をさ迷ってました。
むなしい気持ちで。

で、始発で帰りました。

その女の子とはそれ以来全く連絡をとっておらず、
それっきりになりましたね。

で、、、
今はちゃんと就職もして頑張って人事担当者をやっているようです・・・・。

当時は、俺の性欲だけで粗雑な扱いをしてしまって、嫌な思いをさせちゃったんだろうけど、
今幸せに暮らしてくれていたら、と思います。

ナンパした女の子2人目:
当時18歳のJK・女子高生(→現在、キャンペーンガール的な感じ)

当時18歳のJK・女子高生を渋谷でナンパ

その日は渋谷でたった一人、完ソロでナンパをしていました。

2019年現在だと、
ナンパ師が活動するナンパスポットって拡大しているようで、

最近の意識高い系ナンパ師(?、恋愛工学勢っぽい人?)みたいな人だと、
池袋・新宿・渋谷でのナンパはバカにしていて、
そいういう街にいる女もレベルが低いって感じでマウントとって、

本当にモテる男は、六本木や恵比寿でナンパすべき、
みたいな感じでマウントとりまくる輩がいるっぽいんですが、

2006年、2007年、2008年くらいの当時は、
ナンパといったら、
とにかく、池袋・新宿・渋谷!って感じで、
とりあえず思考停止してこのどれか行っときゃOKって感じで、
俺も思考停止でこの3つの街に行き続けていました。

で、なぜかわからないんですが、自分的には、街の作り的に渋谷が一番地蔵しやすい街だったんですよね。

行ったはいいものの、
なんか声をかけずらくそのまま立ち尽くしたり、ただ街を徘徊するだけの散歩みたいな感じになってしまう事が結構多かった。

で、その日も、そんな感じがあって、
街を徘徊していたのですねw。

とりあえず、渋谷駅で山手線を降りてハチ公口から出ます。

で、そこからスクランブル交差点を渡って、
当時センター街と呼ばれていた(今は、バスケットボールストリート?・・・w)道の入り口、
渋谷のTSUTAYAがある所周辺ですね、
そこに立って、

センター街に入っていく女、センター街から出ていく女、
109方向に向かう女、109方向から駅に向かう女ってのを、
舐めまわすように見て、

ヤリたい女に声かけるってのをやろうとするわけです。

で、センター街入り口付近に立つわけですが、
それがなぜか渋谷だと、地蔵っぽくなって声がかけずらい状態となる事が多かった。。。

その日も同様だったんですね。

で、そのまま渋谷の徘徊を始めるのですね。

センター街に入って、ずんずん歩き、左に曲がって大通りに出て、右に曲がり渋谷ドン・キホーテの方に歩き・・・、
で、戻り・・・、
みたいな徘徊をよくやっていました。

で、渋谷だとなぜか徘徊中も地蔵っぽくなって、声がかけずらいのですね。

で、そんな時、
俺がセンター街の奥からセンター街の入り口に向かって歩いていると、
センター街に入ってくる、
若さあふれる、かわいい系の顔をした女の子が前から歩いてくるんですね。

「よし、行こう。声をかけよう。」と思うんですが、
心にブレーキが入って、声がかけられず、
ただその女の子とすれ違うまでに3秒くらい目があった状態が続いただけで、
すれ違ってしまったんですね。

でも、すれ違った直後、
「こんなに目が合うなんておかしくね?。声かけたらイケるんじゃねえの?」って声が心の中でしました。

パッと振り返り、数メートル先に進んでしまっていたその女の子を急いで追いかけて、
すかさず声かけたんですね。

俺「おう、何してんの?!」

女「えっ、はいっ!。何ですか?!」

めちゃめちゃういういしい反応があった。

まだ高校3年生(18歳)で、
恐らく、街で男に声をかけられることに、全く慣れていなかった。

そのまま平行トークをする感じになり、
センター街の二番目に左折できる道に曲がりつつ、
横断歩道を渡れば109に着く、っていう直前の所で立ち止めたのですね。

俺「これからどうするの?」

女「109で服見ます。」

俺「じゃあ、今度遊ぼうよ。」

女「あ、はい。わかりました。」

俺「連絡先教えて。」

女「はい。わかりました。」

当時は、
連れ出し打診をして、用事があると言われたら、
すぐに「じゃあ、今度遊ぼう。」と切り返して連絡先を聞こうとするスタイルだった。

で、このパターンで非常に反応良く連絡先が聞けた。

渋谷でナンパした18歳のJK・女子高生を渋谷でアポってセックス

からの、ガラケーでメールのやりとりを頻繁に続け、
後日、渋谷でのアポを設定。

で、そのJKの女の子と渋谷で合流。

例によって、まず行く場所は必ず、カラオケか満喫。

とにかくこのワンパターンで、
低コストでセックスまで持っていける可能性がある、この2つのどちらかに連れていくってのを、
毎回やっていた。

この日は、満喫に連れいてく。

当時はカラオケよりも満喫の方が好きだった。

カラオケよりもスペース的に狭い満喫では、
女の子を自分の近くに座らせて密着状態にする事が、自然にかつ容易に行えて、

また、
カラオケよりも暗くする事ができる。

カラオケだと電気を消しても、DAM CHANELとかが流れ続けてるテレビの明るさによって、
部屋がそれほど暗くならないのに対して、
満喫では、勉強用のライトみたいのを消してしまえば、結構暗くなってギラつきやすい状態となるから。
(カラオケで、テレビの電源を引っこ抜いて無理矢理暗くした事はあるが、
それをやるのはかなり不自然。)

そんなわけで、基本は毎回カラオケよりも満喫に連れていきたかったが、
女の子的に、満喫に行くのをキモいと思っていて拒否反応を起こす子もいたので、

拒否反応を起こされた、もしくは拒否反応を起こされそうな予感を感じた、
という場合は、

カラオケに連れていく事にしていた。

で、そのJKの女の子は満喫に拒否反応を示す感じが全く無かったので、満喫に連れていく事にした。

で、スムーズに満喫に入る事ができた。

例によって、当時、全くトーク力が無く、
ちゃんと明確な戦略を持って楽しませたり、トークでセックスを確定する事ができなかった俺は、

その満喫においても、
とりあえず女と密着した状態を作り、恋人っぽくイチャコラしながら、キスとかして、
なし崩し的にセックスにもっていくやり方を狙う。

それしかできなかったので。

で、反応がよかったそのJKは近くにも座ってくれるし、
抱き寄せても嫌がらないし、
キスもできたけど、
そこでそのままセックスするのは難しそうな感じだった。

俗に言う、当時の言葉で言う、「場所グダ」?

ちなみに抱き寄せた感じで、かなり巨乳である事がわかり、
俺のチンコは満喫でギンギンにいきり立っていた。

で、お決まりパターン、
いきりたったチンコを沈めつつ、
そのままフラフラとホテル街に向かういつものやつをやる。

渋谷のホテル街ですね。

で、当時渋谷のホテル街にはあまり慣れていなくて、
明確にホテル街の構造を把握していなかったので、

変にダラダラ歩いて、ホテル街を抜けてしまったりして、
そのまま女の子の気が変わり、違う所に行きたいとか言い出すと嫌だったので、

とりあえず、ホテル街でパッと目に入ったホテルに入ろうと打診。

少しだけ、しぶったような様子が女の子に見られたものの、大きなグダは無くラブホテルにin。

で、ラブホテルに入ってわかった事として、

JK「私、したことないんだよね。」

と。

処女のJKだった。

  • JK・女子高生(18歳)
  • 処女
  • 顔かわいい
  • 巨乳
  • 肌がめちゃ張りのあるピチピチ

この条件がそろったピチピチの女の子とラブホテルにいる状況。

性欲の塊だった20歳そこらだった俺のチンコは、マジでこれ以上ないくらいにギンギンになっていた。
かなりの量の我慢汁もパンツに出てしまっていたはず。

もう、とにかく、早く裸にして、そのJKの体を好き放題にしたかった俺は、
とりあえずそのJKをベットの上に呼んで、
いきなりディープキスを始める。

もちろんチンコはギンギン。

ヤリたくてヤリたくてしょうがなく、性欲がすさまじいことになっている状態で、
チンコギンギンになりながら、
ディープキスして、
服を脱がしていく。

で、
JKのブラジャーを外して、JKを上半身裸にしようとすると、

JK「ダメ。」

俺「え?・・」

もう、ブラジャーをつけた状態でも、あふれんばかりのおっぱいがブラジャーの上にもっこりと見えている状態で、
チンコギンギンになりながら、
「ブラ取っちゃダメ」と言われる。

ん、どうなってる?、ここにきてグダ発生か?、マジかよ、どうする俺?!、
って思って、

チンコギンギンになりながらも平静を装ってトークを続けると、

どうやら、上半身「は」見せたくない、と言う。

上半身「は」。

よくわからず、
じゃあ下を脱がそうと思って、下を脱がそうとすると、
下を脱がすのはグダらない。

俺には完全に、
???????????????????????????????
だった。

当時、セックスした人数もまだまだ少なかった状態だったが、
それなりに連れ出しやアポでギラつきというものを経験しており、

上はOKだけど下はNG(おっぱいは触らせるけど、マンコはNG)っていうグダをくらった事はあったけど、

そのJKときたら、

上はNGだけど下はOK(おっぱいは見せられなくて、マンコは見せてOK)っていう真逆の反応をしており、

かなり
???????????????????????????????
だった。

考えられる理由としては、
何か、乳輪がデカい、とかって要素があって、
そのJKがそれをコンプレックスに思っていたとか・・・。

ブラジャーをつけている状態のおっぱいを見る限り、
普通のキレイな巨乳にしか見えず、
俺としては、そのブラジャーをはぎとって、
そのJKの巨乳を好き放題にしたかったけど、

断固としてブラジャーを外す事は拒まれたため、
ブラジャーを外す事は諦めた。

で、脱がせる所を全て脱がすと、
ブラジャーだけであとは完全に裸、って状態に仕上がる。

生のおっぱいはかなり見たくて見たくて仕方がなかったが、
下半身は裸。

しつこいけど、もう俺のチンコはギン立ちで、我慢なんてできなかった。

挿入したくて挿入したくてたまらなかった俺は、
その欲望にまかせて、
下半身は完全裸のピチピチ処女JKのマンコに俺のチンコを挿入!!!

性欲の塊で、
相手のJKの事なんて考えずに腰を振りまくりたかった俺だが、
処女であるって事は事前にわかっていたので、
一応、

「大丈夫?」
「痛くない?」

とかって言葉をかけるが、

JK「うん、大丈夫。」

と。

あとはもう、性欲に任せて腰をふるだけ。

ブラジャーがついたままで生のおっぱいが見えないものの、
「アンアン」喘ぎまくるほぼ裸のJKに興奮しまくりながら、
無我夢中でチンコを出し入れ、腰を振りまくっていた。

すると、途中から、

JK「アン・・・硬い・・・」

JK「硬いっ・・・」

JK「硬いっ・・・」

「硬い」を連発しだす。

実際、これ以上ないくらいに興奮しまくってた俺のチンコはかなり硬かっただろうけど、
他のチンコと相対比較ができない処女の女の子に、
チンコが固いかどうか、みたいな判断ってできるのだろうか。

俺は女としてマンコにチンコ入れられた経験はないんで、
チンコの「硬さ」をマンコで感じる感覚ってのはよくわからんけど、
とにかくそのJKは、
「アンアンアンアン」いやらしくかわいい声で喘ぎながら、
「硬いっ・・・」「硬いっ・・・」と言っていた・・・。

で、絶頂に達した俺は、
ピチピチした処女のJKのマンコで、ホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射!!!

ナンパして渋谷のラブホテルでセックスした当時18歳のJK・女子高生と何度もセックス

これでJKを準即でのセックスできたことになるが、例によって、
ナンパの実力がめちゃめちゃ低かった俺は、
このJKをキープして、
何度もセックスしたいと考える。

で、この初回のセックス以降、
このJKとは総計で30回程セックスする事になる。

当時まだ大学生で実家暮らしをしていたが、
親が長期で外出している時期を見計らって家に呼んだり、
街で合流して安いレンタルルームに誘ったり、
カラオケに行ったり、
満喫に行ったり、

とにかくありとあらゆる個室という個室に連れ込んで、
何度も何度も何度も何度もセックスした。

当時の俺を振り返ると、はっきり言ってクズでしかないけど、
女の子的にも会いたくもない男には会わないはずで、

そんなセックスばかりを求める俺の何かどこかに魅力を感じてくれていたんだと思う。。。

嫌な男やウザい男と、そんな何十回も会う事はありえない。

今ふりかえっても、なんでこんな感じでセックス・体しか求めてなかった俺と沢山会ってくれていたのか、、と、、
不思議に思う。

で、そんな感じで、
初回のセックス以降もかなりの回数会って、かなりの回数セックスしてきたわけど、
お互い徐々に冷めていくのですよね。

だんだん、会わなくなっていき、だんだん連絡もとらなくなっていき、自然消滅したような形になったのですね。

その女の子が大学生になり彼氏もできた状態で、またセックス

で、
「別れた彼女としばらく期間が会ってみたら、再度セックスしたいと思えた」
とかって、経験してる人は多いと思うんですけど、

この女の子とも、
全く連絡をとらなくなってから、1,2年したタイミングで、ふとした瞬間に連絡とったら繋がって、
また会う事になったんですよね。

声掛け当時、初めて渋谷のラブホテルでセックス当時に女子高生だったその女の子も、
大学生になっていました。

で、渋谷で会ったんですけど、久しぶりに会っても、やっぱりかわいかったんですね。

で、まだまだ性欲の塊状態だった俺は、またセックスしたいと思ってしまったのですね。

で、渋谷の満喫(今は無き、「らくだ」っていうナンパ師御用達の満喫)に連れて行ったんですね。

で、気づくのですね。

女の子の手の薬指にリングがついているのですね。

で、気づくのですね。

彼氏がいる、と。

でもセックスしたかったのですね。

それまで何十回もその女の子とセックスをしてきているわけで、
同じようにセックスしようとすると、
女の子も当然わかるのでしょうね。

あ、「これ、セックスする流れだ。」と。

で、
自分から、薬指のリングを外して机に置いたんですね。

で、拒否する事もなく俺に脱がされていって、セックスしちゃうんですね。

でも、今振り返ると、
あの、自分から薬指のリング外した時はどんな気持ちだったのかな、、と思うのですね。

本当に彼氏が好きで浮気なんてできないと思っていれば、そもそも俺に会いに来ない、もしくはセックスは拒否するわけですよ。

彼氏の事など顧みずに誰とでもセックスするような女の子であれば、わざわざ薬指のリングを外す、とかそんな事せずに、
ただ単にセックスされると思うのですね。

あれはなんだったんですかね。

俺とセックスしたい、って思ってくれていて、
でも、そのリング(彼氏がくれたのかな?)がついた状態で彼氏ではない男とセックスするのは彼氏に申し訳ない、って思いになってリングを外したのかな?

謎です。

で、その女の子とは、その満喫でセックスした日を最後に二度と会わなくなるのですね。

で、
先日facebookで検索しみると、
キャンペーンガール的な存在として、

すごく美しいモテそうなルックスで、楽しそうにやっておりましたとさ・・・・。

こちらの女の子に関しても、上の方で書いた1人目の女の子と同様、
性欲の塊だった俺のヤリたいだけの思いで、セックスの為だけに付き合わせ、体をもてあそぶことになってしまったけど、
今幸せに暮らしてくれていれば・・・、と思うのですね。

~完~

コメント

タイトルとURLをコピーしました