新宿駅でナンパした美人の女子大生を家に連れ込み即日セックス

新宿ストリートナンパ

どうも、マリスです。

新宿で美人な女子大生をナンパ

某日。

新宿でナンパすべく、完ソロで新宿に出撃。
(※完ソロ:ナンパ仲間と合流する事無しに、1人で街に出て、1人で女の子に声をかけるナンパ。慣れていない人がやると、地蔵状態となり全く声がかけられなくなる可能性が高い。)

ナンパに出て、まずやるべき事は。

心を作る事。
メンタルを整える事。

長年のナンパ経験によって、メンタルがかなり強化されているとは言え、
通常モードのメンタルってのは、そこまで強靭な状態とはなっていない。

ちょっとした事でメンタルにダメージを負ってしまう状態でナンパしようとすると、
声をかけたい女の子に声がかけられない地蔵状態になってしまったり、
なんとか声をかけたとしても、そのメンタル状態が態度に出て、
女の子の反応が悪くなってしまう。

なので、ナンパに出て、
まずやるべきは、メンタルの状態を整える事。

ちょっとした事でメンタルにダメージを負ってしまう通常モードから、
何が起きようが、どんな事を言われようが一切メンタルにダメージを受けないモードに、
メンタルの状態を切り替える。

俺は長年のナンパ経験により、このメンタルの切り替えが非常にスムーズに行える。

「よし、今からナンパだ!メンタルを切り替えるぞ!」と心で思ったら、
パッと一瞬で、通常モードのメンタルから強靭メンタルへの切り替えが行える。

メンタルの切り替えを行った俺は、どんどん女の子に声をかけていく。

全くダメージを負わないメンタル状態になっているので、
女の子にシカトされようが、反応が悪かろうが、こちらをチラッと見た上で無視されようが、
全く関係ない。

「うわ~、、、無視された、、、もう心が折れそうだ、、、」みたいな事になる事はなく、
ガンガン声をかける事ができる。

ちなみに、
ナンパが上達すれば、街で女の子に声をかけて100発100中のような感じで、連絡先を聞いたり、連れ出したりできると考えている人がチラホラいるみたいだけど、
そんなことは一切無い。

これは断言できる。

俺自身、2006年からナンパを始めて、10年以上ナンパを続けているが、
ナンパで結果を出そうと思ったら、ガンガン女の子に声をかけまくる事は必須。

これまで、
経験人数500人、1000人、2000人レベルの、
いわゆる凄腕ナンパ師として扱われている人たちとも多数の絡みがあったけど、
彼らも同様。

声かけ数が少なければ何も起きない。

確実に結果が欲しければ、女の子にガンガン声をかけまくる事は必須だ。

もちろん、ある日だけに絞って見ると、
最初の声かけでセックスまでいける日があったり、
さらに運が良かったりすると、
2声かけで2セックスできたり、みたいな事もあり、

「凄腕ナンパ師の〇〇さんは、〇声かけしかしてないのに、〇セックスしてましたよ。」
みたいな事を言い出す人がいるかもしれないけど、

それはあくまでも、その日だけを見た場合であって、

長期的に見た場合、大量声かけは必須要素。

そんなわけで、その日もガンガン声をかけていく。

20声かけぐらいまで特に何も発生せず、次のターゲットを探していると、
新宿駅構内で、
スラっとした細身で、すこし真面目そうな雰囲気も漂う美人を発見。

すかさず声かけ。

俺「どもー!何食ったらそんなにキレイになれるんすかね?」

ビックリした様子の女の子。

で、なんかぐちゃぐちゃしたやりとりをして、

俺「ちょっと一杯だけ飲みたいと思ってて。一杯だけ付き合ってくださいよ。」

からの、

女の子「あ、はい・・・。一杯だけならいいですよ・・・。」

OKしてもらえる。

で、
俺「じゃー、HUBでも行こうかー!」

女の子「あ、はい。」

新宿駅構内でのトークにて、HUBへの連れ出しが確定し、
声をかけた女の子と新宿歌舞伎町方面のHUBに向かう。

で、目的のHUBに行ってみると、
とんでもない混み具合・・・。

で、一番近い別のHUBに行ってみると、
これまた、とんでもない混み具合・・・。

混みまくって座れない、かつ、めちゃめちゃに騒がしい店なんかに入ったって、
連れ出した女の子とまともにトークができず、
こちらの意図した通りの展開を起こせなくなるため、
HUBではない所に行こうと、女の子に提案。

俺「HUB、混み具合ヤバいね。飲み屋系はこんな感じで混みまくってるかもだから、カラオケで1杯飲もうよ。大丈夫?」

女の子「あ、はい。わかりました。」

「え?カラオケですか?個室は嫌です。」みたいなよくありがちな面倒なグダも発生せず、
こちらの提案にそのまま乗っかってくれる素直な女の子。

で、歌舞伎町のカラオケにin。

俺「とりあえず、1時間で。」

カラオケ店員「はい。飲み放題は、お付けしますか?」

俺「いらないです。」

からの、カラオケの部屋にin。

ちゃんとした研究結果として、どっかの論文とかでも論じられているはずだけど、
個室で女の子と2人きりになり、
その女の子と仲良くなる、心の距離を縮める、体の距離を縮める、女の子にボディタッチする、キスする、
ギラつく、セックスしようとする、実際にセックスする、
とかっていう事をしようとする場合、
実感として、間違いなく部屋は暗い方がいい。

明るい状態で、お互いがお互いをはっきりクリアに認識できる状態よりも、
薄暗く、お互いがお互いをはっきり見えないくらいの状態の方が、
実感として、かなり女の子を攻めやすい。

そんなわけで、カラオケの個室に入ったらすぐに、
不自然に思われない形で、照明の明るさを調整する流れにもっていき、
不自然に思われないレベルで、できるだけ照明を暗くする。

暗くする事でメリットは多くても、暗くする事のデメリットは見当たらない。

で、「1杯飲もう。」って事で連れ出ししており、
1杯も飲まないのはヒドく不自然なので、

俺「1杯頼もうか、何飲みたい-?」

女の子と、デジタルのメニューを一緒に眺める。

女の子「う~ん、そうですね~、何がいいだろう~。。」

俺「テキーラ?w」

基本的に俺は、女の子に酒をガンガン飲ませてなんとかしよう、ってのはやらないようにしている。

何より俺自身が酒めちゃくちゃ弱いので、
女の子に沢山飲ませようとしたり、度数の高い酒を飲まそうとすると、
自分は飲まずに女の子にだけガンガン飲ませる形となって、めちゃめちゃ不自然だし、
エスカレートしていくと、
2017年のナンパ界に激震を走らせたリアルナンパアカデミー事件のようになってしまう。

だから、俺は酒で押し切る事はしないのだけど、
女の子がお酒を飲んでくれる事で、その後の流れが楽になるってのは間違いない。

お酒を飲む事で、
勝手に楽しい気分になってくれたり、
こちらの粗を探すような目が鈍ったり、
貞操観念が下がったりして、
シラフの状態よりもセックスに持ち込みやすくなるというメリットは十分に理解している。

なので、軽い感じで、
度数の高いお酒を飲むか振ってみて、進んで飲んでくれるようであれば飲んでくれるに越した事はないのである。

そんなわけで、
「テキーラ飲むか?w」と冗談交じりで聞いてみた。

女の子「う~ん、そうですね~、何がいいだろう~。。」

俺「テキーラ?w」

女の子「えw、テキーラですか?w。〇〇さん(俺)も飲んでくれるなら、いいですよw。」

俺「俺も飲むよw。」

テキーラを飲む流れとなり、テキーラのショットを4つ注文w。

で、テキーラのショットが4つ来るw。

俺が2つ飲んで、女の子も2つ飲む事になるが、
酒に弱い俺がテキーラのショットを2つも飲んだら、
意識朦朧、意識はボケーーっとし、トークはポンコツになる事が容易にわかった。

ただここで俺は飲まずに、女の子に4ショット飲ますなんてのは、あまりにも不自然だ。

一気に2ショットを飲む事にした。

俺「一気に2ショットいくわ。俺が飲んだら、〇〇(女の子)も2ショットなw。」

女の子「え、マジですかw。」

で、2ショットを一気に飲む。

飲んだ後の酔い方が激しいだけで、飲む事自体は別にキツくない。
普通に2ショットを一気に飲んだ。

俺「はい、次、〇〇(女の子)」

女の子「わかりましたw。飲みますねw。」

女の子も2ショット飲む。

俺も女の子も、テキーラを2ショット一気した状態となった。

飲んだ直後はシラフと変わらないが、その後、5分、10分、20分と時間が経過するごとに酔いがまわっていくので、
とりあえず、ダラダラと仲良くなるために楽しくトークし、
俺も女の子も酔いが回ってきた段階で、
俺の家への連れ出し打診をする事にした。

女の子と普通にトークする。

22歳の女子大生とわかる。

スタイルも細身で、顔もキレイだ。

で、その女の子、その日はショーパンを履いていた。

女の子との会話中も、自然と女の子の太ももの方に視線がいってしまう。

女の子の太ももをいやらしく見ながら、いやらしい事を考えてしまう思考がとまらない。

女の子との会話に集中できず、俺は頭の中でエロい妄想をしながら、チンコはビンビンになっていた。

「いかんいかん!、俺の性欲を暴走させるのはあとだ!
まずは女の子を楽しませる事だけに集中しないと、その後のいい思いには進めないぞ!」
と自分に言い聞かせて、
チンコがビンビンに勃起しながらも、
女の子をできるだけ楽しませる事ができるよう、会話に集中するよう心掛けた。

そんな感じで女の子とトークしていると、完全に酔いが回ってきたのがわかった。

つまりは、その美人女子大生の女の子も酔いがまわってきてる、という事だ。

そろそろ、俺の家に移動する打診をする事にした。

俺「てか、今日もうちょっと時間大丈夫?」

女の子「あ、はい。大丈夫ですよ。」

俺「おお、よかった。場所変えてもうちょっと遊ぼうよ。この前、ヤフオクでPS4とマリオカート入手したから一緒にやろうよw。」

女の子「え、1人でやったらいいじゃないですかw」

俺「w。いやいや、そんなん寂しいでしょw。」

そんな感じの流れで、家への移動のOKをもらう。

カラオケを出て、タクシーにin。

俺の家に向かう。

俺の家に到着。

ひとまず、美人の女子大生を家に連れ込む所まで成功。

この時点で、俺も女の子も2ショット飲んだテキーラが回っており、
気持ちよくほろ良い状態。

飲みすぎると性欲が無くなったり、チンコが経たなくなったりと、
性機能に支障をきたすが、
ほろ酔い状態はむしろ性欲が高まり、
美人の女子大生を家に連れ込んでいる状態だけで、チンコはもうビンビン状態。

女の子もほろ酔い状態で、街でナンパしてきた男の家に来ているわけで、
この後にセックスが待っている事くらいはわかっているはず。

すぐにでもベットに押し倒して、全裸にしてセックスしたかったが、
「ゲームをしよう」、というテイで家に連れ込んでいるため、
とりあえず儀式としていったんゲームを始める事にする。

いきり立つチンコをなだめつつ、PS4でマリオカートを始める。

俺もカスみたいに弱いが、その女の子、さらに弱い・・・。

もともとカスみたいに弱い俺が酒に酔っているために、
かなりカスレベルで弱いはずだけど、
それをさらに下回る弱さの女の子、、、。

あまりにも弱すぎるので、女の子にも勝たせてあげるため、
手加減したりしつつ、
何コースかゲームする。

なんだかんだで20、30分経ったので、そろそろセックスを要求しても大丈夫だろうと思い、
後ろからハグして、そのままその女の子にキス。

嫌がらない女の子。

嫌がらないので、そのままベットに連れていく。

嫌がらない女の子。

嫌がらないので、どんどん服を脱がし、一瞬で裸にする。

俺もビンビンにいきり立ったチンコを出すべく、下半身裸になる。

で、女の子に俺のビンビンにいきり立ったチンコを触らせる。

嫌がらない女の子。

嫌がらないので、そのままフェラさせてみる。

嫌がらない女の子。

そのまましばらくフェラさせてみる。

俺「入れたいから、ゴムつけるよ。」

女の子「はいっ。。」

からの、ギンギンにいきり立ちまくった俺のチンコを美人女子大生のマンコに挿入!

女の子「ああああああああああん!!!!」

かわいい声で喘ぎだす女の子。

1,2分で一気にイキそうになる俺。

俺「もう、出そう。」

女の子「ア~~ン、、!!いっぱい出してぇぇぇ~!!

AVみたいなセリフを言う女の子。

ナンパ経験長いけど、「いっぱい出して」なんて言われたのはこれが初めて。

イキそうだった状態から、このセリフでさらにイキそうになり、
そのままホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射!!!

セックス後は、ちゃんとアフターフォローを行い、
その時点で夜中の2:00くらい。

女の子は、俺の家からタクシーで1000円台で帰れる所に住んでいたため、
朝まで俺の家にいる事無く、
連絡先だけ交換して、夜中にタクシーで帰宅。

その日は、それにて完。

新宿でナンパした美人な女子大生と1回目のアポ

その女の子、
新宿駅構内で声をかけて、そのままセックスした日以降、
LINEで反応が非常に良く、
初セックスしてから二週間後にまた会う事になった。

また新宿で待ち合わせた。

とりあえず、俺は、また家に連れ込んでセックスする事しか目的に無かったけど、
ちゃんと会話で楽しませないのはかわいそうなので、
一緒に歩いていて目に入った、
ワインがオススメっぽい地下にあるバーみたいな所に入る事にした。

たわいもない会話をして普通に家に誘う。

OKする女の子。

タクシーに乗って俺の家へ。

流れ作業のように服を脱がして、女の子を全裸にする。

流れ作業のように、そのままセックス開始!

女の子「ああああああああああん!!!!」

かわいい声で喘ぎだす女の子。

2回目のセックスなので、初回よりも興奮しない。

すぐにイキそうになる事もなく、10分20分アンアン言わせて、

俺「もう、出そう。」

女の子「イッてもいいよ。」

からの、ホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射!!!

これで2回セックスした事になる。

1回目は、カラオケからの家連れ込みで、セックス。

2回目は、ワインバーからの家連れ込みで、セックス。

もうセックス目的以外の何ものでもないわけだが、
2回目のセックスをしてからも女の子の反応は非常に良かった。

新宿でナンパした美人な女子大生と2回目のアポ

正直、もう2回もセックスしたし、会いたいとも思っていなかったけど、
LINEでの反応があまりに良いので、
メッセージがポンポンを進み、
3回目、また会うことになった、、、、。

今度は池袋にて合流。

と言うものの、こちらとしてはセックスする以外に特にやる事は無いわけで、、、

かつ、2回セックスしていて、セックス自体もそこまでしたくない状態、、、

特にモチベーションが沸かない状態で惰性で会ってしまっていた。。

女の子はこれまでと同じように、すごく楽しそう。

完全なる体目的で、2回も都合よくセックスして、
その挙句に、その女の子に飽きてきてしまっているのが、微妙に申し訳なかった、、、。

かと言って、付き合って彼女にしてあげたいとは特に思うわけでもなく、、、

飯を食うべく、磯丸水産に入る。

たわいもない会話をする。

磯丸水産で2時間くらいを過ごす。

時計を見ると、まだ20:00くらいだ。
解散するにはまだ早い、、

さて、この後どうするか、、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

セックスするか、、、、、、、、、、、、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

男側からすると、
女の子とのセックスってのは、
初回がダントツに満足度が高いもんだ。。。

初回のセックスの満足度を100とした場合、
2回目のセックスの満足度は50、
3回目のセックスの満足度は25、
と、急激に満足度は下降していく。。。

この下降し具合は、男によって違うだろうけど、
セックス経験が増えれば増えるにつれて、
2度目、3度目のセックスの満足度は急降下するようになってきて、
同じ女の子と何度も何度もセックスするのはかなり厳しくなってくる。。。

例外的に、
その女の子の体が異常にエロいボディだったり、
その女の子のマンコが異常に気持ちよい、
もしくは、
その女の子が異常なレベルでかわいい、美人、
って場合、
何度も何度もセックスしたい欲が継続したりする事があるけど、

普通レベルでかわいいって感じの、
普通にかわいい女子大生、みたいな感じだと、
3度目のセックスに対する性欲は、
初回のセックスに比べて4分の1くらいにまで下がっている。

そんなわけで、
既に2回セックスしていたことで、その女の子に対する性欲はかなり低くなっていたけど、
とりあえずセックスすることにした、、、。

入った事の無い完全個室の満喫に入る。。。

で、個室に入ると、、
なんか頭皮くさい、、、、、、

恐らく、
前にその個室を使っていた奴が、頭皮の臭い奴で、
何時間もそこにいたのだろう、、、、

で、頭皮くさい個室にその女の子と俺の二人っきり。

もう、セックスする以外にやる事が無い、、、。

流れ作業的にギラつきを開始する。。。

こちらに抱き寄せる。。。

ギュッとしてみる。。。

体を触る。。。

服を脱がせる。。。

俺も脱ぐ。。。

で、セックスする。。。

もう3回目なので、そこまで興奮はしなかったけど、
10分くらいアンアン言わせてるとイキそうになってくる、、、

俺「もう、出そう。」

女の子「はい、、、イッて、、、」

からの、ホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射。

これで3回セックスした事になる。

1回目は、カラオケからの家連れ込みで、セックス。

2回目は、ワインバーからの家連れ込みで、セックス。

3回目は、磯丸水産からの個室満喫連れ込みで、セックス。

もう完全に、セックス目的以外の何ものでもないわけだが、
3回目のセックスをしてからも、
まだ女の子の反応は非常に良かった、、、、、、。

純粋な女の子だったのか、、、。

計3回もセックスをして、
もうさすがに会うモチベーションは無くなっていたけど、
相変わらずLINEでの反応が良い、、、。

新宿でナンパした美人な女子大生と3回目のアポ

メッセージがポンポンと進み、
また、4回目、会うことになってしまった、、、、、。

もう、繁華街で合流するのが面倒だった俺は、直接家に呼びつけた、、、。

で、その女の子、わざわざ家まで来てくれる、、、。

そして、、、

・・・

・・・

・・・

特にやる事は無い、、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

セックスするか、、、、、、、、、、、、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

流れ作業的にギラつきを開始する。。。

こちらに抱き寄せる。。。

ギュッとしてみる。。。

体を触る。。。

上半身を脱がせる。。。

で、下半身も脱がせようとすると、、、

女の子「今日はダメッ!今日、生理なの。。。」

おっ、おう、、、、

初めてグダってきたと思ったら、生理だった。

からの、

女の子「だから、口でしてあげる。。。」

俺「おっ、おう、、、、」

フェラを提案してくる女の子。

お言葉に甘えて、してもらう事にした。

が、フェラだけではイケない。。。

途中自分で手を使ったオナニー的な補助をはさんで、
、、、、、、
美人女子大生の口の中にホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射!!!

なんか、申し訳なかった、、、、。

からの、
女の子「今度はエッチできますからね☆」

、、、、、。

また会う気があるのか、、、、。

そんなこんなで、その日も解散、、、、、。

新宿でナンパした美人な女子大生との別れ

その日以降も、LINEでのやりとりがちょくちょく続いた、、、。

で、ある日、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

LINEにて、
女の子「私達の関係って、付き合ってるんですか?それともただのセフレ?」

いきなり、こんなメッセージが送られてきた。

何て返そうか、、、

明らかに付き合ってはいない、、
そして、付き合う気も無い、、、彼女にする気は無かった、、、。

「そうだよ、セフレだよ。」なんて返すのも傷つけそうで嫌だった。。。

で、
返信した苦肉の策が、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

LINEにて、
俺「いきなりどうした??」

いったん上記の返事を返して、
女の子の意図を確認しようとした所、、、、

上記の俺のメッセージに対して、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

LINEにて、
女の子「不毛な関係はもうやめる!!!もう会わない!!!バカバカしい!!」

、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、、。

キレ気味のもう会わない宣言を送り付けてきた。。。。

いきなりどうしたのだろうか。。。

これまでに俺と過ごした時間を振り返ったら、
明らかに体目的でしかない事に気づいたのだろう。

で、
一応最後に、
俺がその女の子の事を好きかどうかを確かめ、
もし俺がその女の子の事が好きなのであれば関係を続け、
そうでないのであれば関係を終わらせる事にしたのだろうか。。。

女の子がそんな気持ちの所、
「いきなりどうした??」なんていう、
お茶を濁すようなメッセージを返したもんだから、
そのメッセージによって、
俺がその女の子の事を好きだとは思っていない、と判断し、
遊ばれてきた事に対して怒りがこみ上げるとともに、
俺への嫌悪感も高まって、
上記のようなメッセージを送り付けるにいたったのだろうか、、、、。

う~ん。。。
惰性で何度も会ってセックスする事で、
最終的に女の子に嫌な思いをさせるのは良くないな、、、と反省。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました