ストリートナンパで女の子を連れ出した後のトークがうまくいかない人向けのトーク改善方法

ナンパノウハウ

どうも、マリスです。

今日は、ナンパで女の子をカフェやカラオケ、居酒屋等に連れ出した後、
うまくトークする事ができず楽しい雰囲気にならなかったり、食いつかせたりする事ができずに微妙な感じになってしまう事が多い人向けに、
連れ出し後のトークの改善方法について話したいと思います。

まず、ナンパを始めて、最初にブチあたる壁は地蔵ですよね。
街に出て、女の子に声をかけたいけど、ビビって女の子に全然声がけられない状態ですね。

まずは地蔵を克服しない事にはナンパにならないので、
地蔵克服が必要ですが、
これは仲間や先輩のナンパ師に補助してもらい、
一緒に声をかけてもらう等をする事で、
徐々に慣れて、また一緒に声をかける事で小さな成功体験を味わう事で、
徐々に声かけできるようになっていきますね。

地蔵克服以外で、
ナンパを始めた初期に改善すべきものとして、
服装と髪型の改善がありますが、
これも適切なアドバイスをしてくれる人と、金と素直な心があれば一瞬で改善します。

服装改善は、
適切なアドバイスをくれる人に、
ファッションをフルセットでコーディネートしてもらい、
それをそのまま買えば済む話です。

それまでどれだけダサかったとしても、適切なアドバイスをくれる人のコーディネートに素直に従えば、
服装は一瞬で格好よくなりますね。

髪型も同様です。
適切なアドバイスをくれる人に、
どこの美容室でどのような髪型にしてもらえばいいかをアドバイスしてもらい、
そのアドバイス通りに、
指定の美容室で指定の髪型にしてもらえば、一気に格好良い髪型になります。

まあ、髪型の場合、もともと坊主だったりしたら、
いったん伸ばす必要性とかはありますが、、、。

あと薄毛の場合は、
薄毛なりに最大限格好よく、かつ清潔感があるような髪型にしてもらうか、
もしくは、思い切って不自然に見えないウィッグを被るか、になりますね。
(ウィッグは適切なものを購入して、不自然に長い部分や重い部分をカットして、
ちゃんとセットする事で、
ほぼウィッグとはわからないレベルの仕上がりにする事が可能です。
適当なものを買って、全くカットもせず、セットもせずに被ると、ウィッグとバレバレの、
ただのコスプレイヤーにしかなりません。)

で、連れ出しまでに必要なトークってのも、比較的スムーズに習得が可能な事が多いです。

自分にとってしっくりくる、ハードルが低い声かけ・オープナーを決め、
それでガンガン声をかけ始める事ができれば、
声かけから連れ出しまでの会話ってほぼバリエーションが無いんで、
簡単に身に付きます。

具体的には、
女の子の用事なんて、

  • 帰る
  • 待ち合わせに向かう
  • 買い物に行く
  • 仕事に行く

くらいしかないわけで、
それぞれ、こう言われたらこう切り返すってのが固まっちゃえば、
あとは特に難しい事考える事も無しに全自動でトークするだけでいいわけです。

ってわけで、
女の子に全く声がかけられないっていう地蔵状態を、ナンパの先輩の補助を受ける事によって克服できてさえしまえば、
服装と髪型の改善ってのはスグに行えるし、
声かけや連れ出しまでのトークってのもスグに習得できるので、
連れ出しをある程度量産する所までってのは、
誰でも比較的スムーズに成長できる印象です。

ただ、連れ出して以降が下手、微妙、トークが盛り上がらない、でその後(ホテル移動等)につながっていかない、
って人は結構多いです。

これまで、ナンパ師とは50-100人くらい絡んできましたが、
「連れ出した後にうまくいかない事が多いんです。」って言っていた人は多いです。

で、そういう場合に、
がむしゃらに頑張ります、的な努力をする人がいるんですが、それだと連れ出し後のトークは改善されないです。

「もっと頑張って声かけます!」「もっとストリートナンパ出ます!」みたいな方向性の頑張りは、
連れ出し後のトーク力改善にはほとんど寄与しないと思ってもらって間違いないです。

なぜかって言ったら、
完全に玉砕するものって学びが無いからです。

例えば、
筋トレを例に挙げると、
ベンチプレスで100kgが1回もあがらない人が、
100kgを無理矢理あげようとしたって全く上がらないわけで、
それを毎回、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
・・・
ってのを繰り返したって、
一生上がるようにならないですよね。

最初は20kgとかの軽い重量で、上る範囲の重さで頑張って上げる事を行って、
それを20kg→25kg→30kgと徐々に上げていけば、
いつか100kgも上がるわけです。

20kgが上がらない状態で、無理矢理100kgをあげようとして、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
・・・
ってのを繰り返すのは意味が無いのですね。

女の子を連れ出した後のトークが悲惨なのに、
「頑張ってもっと声をかけます!」っていうのをやっちゃってる人ってのは、
まさに上記の筋トレの例と同じで、

女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
・・・

みたいな事を永遠とやっているようなもので、
いつまで経っても、
100kgあがるようにはならないのと同じように、
いつまで経っても、
まともなトークをちゃんとできるようになって、その後(ホテル移動等)につながるようにはならないのですね。

また、練習量を確保できないって問題もあります。

1回ストリートナンパに出たとして、集中的に鍛えられるのは声かけや、連れ出す前のトークですよね。
その部分は、1回のナンパ出撃で何十回っていうトライができますから、
どんどん改善が起きます。

それに対して、連れ出し後のトークの練習ってのは連れ出してからしかできないわけで、
1回のストリートナンパで、常識的な時間以内での活動におさめる場合、まあ多くても2,3回ぐらいしかできないですよね。

そもそもトライできる回数が少なすぎて、改善が行われずらい。

その少ないトライしか行えない状態の中、
上記で書いたような、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
上げようとする→上がらない、
・・・

女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
女の子を連れ出す→カスみたいなトークして、その後(ホテル移動等)につながらない
・・・

っていう、
全く歯が立たずに終了する、
っていう事が繰り返されるだけなんで、
もう全くもって連れ出し後のトークが改善されていかないのですね。

そういうわけで、
ストリートナンパでの連れ出し後トークが悲惨って人は、ストリートナンパ以外の所で、連れ出し後トーク力を改善させる必要があります。

どこで改善させるか。

結論、マッチングアプリが最強です。

ストリートナンパで結果を出しまくりたい人にとってマッチングアプリは邪道にも思えるかもしれないですが、
連れ出し後トーク力改善にマッチングアプリ以上の最適な環境はありません。

マッチングアプリで女の子と会う状態ってのは、
会ってカフェや居酒屋等に行くわけですから、
ようはストリートナンパで連れ出した状態と同じわけで、
ストリートナンパで連れ出した状態での練習量を増やせるっていう効果があるのですが、

これよりも、もっと連れ出し後トーク力を高める事が可能な練習として、

実際に会う前までに、電話で話す、ってのが最強です。

マッチングアプリで女の子と会って、カフェや居酒屋で話す事自体も、
ストリートナンパでの連れ出し後トーク力向上に寄与しますが、

それよりも、もっとストリートナンパでの連れ出し後トーク力向上に寄与するのが、
マッチングアプリでマッチングした女の子と、実際に会う前に電話で話す事です。
(普通の電話でもいいし、LINEの通話でも何でもいいです。ようはメッセージのやりとりではなく、直接会話ができればいいです。)

なぜこれが有効なのか。

それは、さっきの筋トレの例でいう所の、
ベンチプレス100kgが上がらない人が、20kg→25kg→30kgと、自分が扱えるレベルの重量を扱いつつ、
徐々にレベルアップする、ってのができるからです。

ストリートナンパでの連れ出し後のトークってのは、

いったい何を話せばいいのかわからない、
何を女の子に質問すればいいのかわからない、
女の子の情報も全く持っていない、

っていう状態から、

適切に女の子に質問して、女の子の情報を把握して、女の子のリアクションを拾ってさらに広げて、
適切に自己開示もして、女の子を楽しませて、

みたいな事を行わなきゃならないわけで、
「全然トークできません」って人からすると、ベンチプレス100kg上げるようなものです。

で、さっきも書いたんですが、
完全に玉砕するものって学びが無いんですね。
もうちょっと自分のレベルにあったトレーニングをする方が効果的です。

マッチングアプリでマッチングした女の子と電話で話すってのは、ハードルが低い状態で練習ができます。

まず、その女の子のプロフィールを見れば、その女の子の詳細がわかりますね。
何歳で、学生なのか社会人なのか。
社会人であれば何の仕事をしているのか。
趣味は何で、休みの日は何をしていて、
とか全部わかるわけです。

で、それら女の子の情報を元に、
女の子に対して投げかけたい質問ってのをあらかじめ作っておく事が可能ですね。

それら質問を、
質問リストとして、紙に書いたり、パソコンのメモ帳等に書いておく事が可能です。

で、電話であれば、その質問リストを見ながら女の子と会話をする事ができます。

もともと女の子の情報を一定量把握し、それを元に質問リストを作っているのだから、
話題に困る事は無いですね。

とりあえず、質問リストにある質問をそのまま女の子に投げればいいのです。

で、その質問に対して返ってきた答えを、また紙なりパソコンのメモ帳なりに加筆する。
その加筆した情報を元に、さらに質問したり、話を深堀しましょう。

で、質問リストにある1つの質問を投げかけ、それに対する女の子の答えに対してさらに質問や深堀、それに対する女の子の答えに対してさらに質問や深堀、・・・
を繰り返し、
それ以上深堀できなくなったら、

質問リストにある2つ目の質問に移動しましょう。
2つ目の質問を女の子に投げるのです。

で、質問リストにある2つ目の質問を投げかけ、それに対する女の子の答えに対してさらに質問や深堀、それに対する女の子の答えに対してさらに質問や深堀、・・・
を繰り返し、
それ以上深堀できなくなったら、

質問リストにある3つ目の質問に移動しましょう。

あとはこれを繰り返すだけです。

これをやると、女の子に対してどんな事を質問すれば会話が盛り上がるかが体感としてわかり、
女の子に対して質問すべき質問内容が自分の中に蓄積されます。

で、こちらが女の子に質問をして、それに対する女の子のリアクションを元にさらに質問したり、深堀したりする展開のさせ方にも慣れてきます。

で、ここでやってる事ってのは、
ストリートナンパで女の子を連れ出した後に行うべき会話と全く同じものなのです。

ストリートナンパで女の子を連れ出した後に行うべき会話ってのも基本的に、
何か女の子に質問して、それに対する答えを深堀する、って事の繰り返しであり、
マッチングアプリでマッチングした女の子との会話によってその練習を徹底的に行っておく事で、
ストリートナンパで女の子を連れ出した後に行うトークってのも余裕になります。

もちろん、連れ出した後に女の子といい感じでトークできたら、「必ず」セックスに結びつくかっていうと、
必ずしもそうではなく、
いい感じで話せたり、女の子側も十分に楽しんでいたとしても、
女の子の貞操観念が異常に高い等、何かしらの理由によってその日中にセックスに結びつかない事は発生しますが、
少なくとも、毎回の連れ出しで必ず即日セックスにつなげる事ができるわけではないながらも、
その女の子と距離を縮めて仲良くなる事が可能になりますし、
後日のアポにつなげられる可能性も飛躍的に向上します。

そんなわけで、繰り返しになりますが、
結論として、
ストリートナンパで女の子を連れ出した後に行うトークが悲惨で、その後(ホテル移動等)につながらないって場合は、
マッチングアプリを始めましょう。

で、マッチングアプリからLINEに移行して、いきなり直接会うのではなくて、
LINE移行後に電話のアポを入れましょう。

で、その電話アポの前に、
女の子のプロフィールを詳細に確認し、女の子に対して投げたい質問のリストを作って、
紙かパソコンのメモ帳にメモしておきましょう。
(質問の数は、5個から10個くらいでいいと思います。)

で、電話では、その質問リストの中で一番ハードルが低いものから順に、
質問→女の子のリアクションに応じてさらに質問や深堀→女の子のリアクションに応じてさらに質問や深堀→・・・
を行い、

質問リストの中で、二番目にハードルが低い質問をして、
質問→女の子のリアクションに応じてさらに質問や深堀→女の子のリアクションに応じてさらに質問や深堀→・・・
を行い、

・・・

という感じで会話をするトレーニングを行いましょう。

ちなみに、
質問のハードルが低い、高いですが、

世間話っぽい度合いが高いもの、職場の人とでも気軽に話せるような内容のものを、
ハードルが低い質問、

「なんで元彼と別れたの?」とかみたいな、普通の職場の人と話すにはちょっとプライベートすぎる内容のものを、
ハードルが高い質問、

という意味で使っています。

では、あなたのトーク力向上を祈ってこれにて終了です!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました