リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条

ナンパノウハウ

どうも、マリスです。

久しぶりにリアルナンパアカデミー(RNA)のサイトを見てみようとしたが、既に削除されており見る事ができなかった。

そんなわけで、リアルナンパアカデミー(RNA)のサイトに記載されていた有益な情報や、包括的なナンパ理論もこれ以上継承される事はなくなってしまった。

なので、俺が、リアルナンパアカデミー(RNA)に昔から(2008年以前から)伝わる女の子ゲット7ヶ条なるものをここに解説する。

昨今、ストリートナンパで女の子とセックスするための戦略として色々な人が色々な事を言ってる。

ポッと出の新しいナンパ師がどんどん増える中、それぞれの人がそれぞれの事を色々な媒体で発信しているため、情報が多すぎてもはや何が何だかわからない状態となっている。

・Sキャラでいけばセックスできます。
・自分のルックスを向上させればセックスできます。
・女の子を楽しませればセックスできます。
等、

それぞれ的を得た主張ではあると思うけど、
部分的な話をしているように思える。

そもそも、ナンパというのは自分が釣れた女の子しか相手にできないわけなので、
「Sキャラでいけばセックスできます。」と言ってる人は、
Sキャラでいく事でセックスできる女の子とだけセックスしており、
それ以外は取りこぼしているわけだから、
Sキャラでいくことでセックスができる事がある事は事実だけどそれが全てではない、
というのが真実だろう。

そんなこんなで、
色々な人が言ってるナンパ理論は色々と部分的だ。

そんな中、
昔からある、リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条は、
非常に抽象的で包括的な女の子ゲット戦略を示している。

数あるナンパのテクニック等も全てこの、リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条に含まれるといって良いだろう。

それほどまでに、リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条は包括的な理論であり、
これをクリアすればどんな女の子とでもセックスできる、という理論である。

リアルナンパアカデミー(RNA)のサイトが閉鎖されてしまい、
女の子ゲット7ヶ条を学ぶ事ができなくなってしまったため、
俺が記憶をたどって、リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条をここに解説する。

(※記憶から書いてるだけなので、一部間違ってるかも。)

リアルナンパアカデミー(RNA)の女の子ゲット7ヶ条

  1. 女の子に対して主導権をとる
  2. 女の子に対して、男としての魅力を感じさせる
  3. 女の子に対して、人としての魅力を感じさせる
  4. 女の子と心の距離を縮める
  5. 女の子と体の距離を縮める
  6. 女の子に心を開かせる
  7. 女の子に性欲を起こさせる

上記を満たせば、どんな女の子でもゲットできますって理論だ。
で、確か、
それぞれの女の子ごとに、どれをどれくらい満たせばいいかは変わってくるから、
いい具合に対応してください、
っていうフワッとした主張がなされていたはずだw。

リアルナンパアカデミー(RNA)は、ちょくちょくそういう、
あとは適切にやって下さい、みたいな、
その人の能力任せみたいな終わらせ方をする部分があり、
そういう部分に反発する人もいるようだけど、
少なくともこの理論自体は、このナンパ界隈にて最も偏りの無い包括的な理論だと俺は思っている。

それでは、第7ヶ条まで、それぞれの各項目を見て行こう。

(1)女の子に対して主導権をとる
自分(ナンパ師側)が女の子よりも相対的に上の立場をとり、こちらが流れを作りましょう、って話だ。
女の子に主導権をとられている状態では、その女の子とセックスする事は絶対にできない、という事も言われている。

・ネグ
・マウントをとる
・Sキャラでいく
等、
ナンパ界隈で色々と言われている事はあるが、
全て、この「主導権をとる」の概念に包含されるものだろう。

(2)女の子に対して、男としての魅力を感じさせる
ルックス、言動、立ち振る舞いで、女の子にこちらの事をかっこいいと認識させ、ドキドキさせるようにしましょう、って話だ。

これが有益なのは言うまでもない。

(3)女の子に対して、人としての魅力を感じさせる
男としてのかっこよさ以外にも、”人”として優れている事を感じさせましょう、って話だ。

本気で打ち込んでいる事がある様や、
ちゃんと仕事を頑張っている様、家族や友人を大事にする様等を語り、
人間としてまともである事を感じさせたり、
適切に女の子を楽しませる事で、一緒にいて楽しい人であると感じさせましょう、みたいな話だ。

ナンパ界隈で言われている、
尊敬させれば即れます、
楽しませれば即れます、
みたいな理論はこの項目に包含される話だろう。

(4)女の子と心の距離を縮める
女の子との共通点を見つけたり、女の子が共感できるトークをする、こちらが女の子に共感を示す事で、
女の子がこちらとの距離が縮まったように感じさせましょう、って話だ。

(5)女の子と体の距離を縮める
女の子を自分の近くに座らせたり、スキンシップをとる事で、物理的に密着した状態に慣れさせましょう、って話だ。

(6)女の子に心を開かせる
貞操観念が低い女の子の場合はこの項目は必要ないけど、貞操観念が高く簡単にはセックスさせないような女の場合、
本当の意味で心を開くことができた男としかセックスをしないから、
こちらから深い話を自己開示する等して、女の子側にも心を開かせましょう、みたいなフワッとした事が語られていた気がする。

(7)女の子に性欲を起こさせる
過去の恋愛話から下ネタにつなげたり、スキンシップをする等して、女の子に性を意識させましょう、みたいな話だ。
この項目の中に、
「酒を使う事でも女の子に性欲を起こさせる事が可能」みたいな主張がされており、
2017年のリアルナンパアカデミー事件にて、その部分がメディアで強めに叩かれていた。

女の子ゲット7ヶ条は以上。

 

俺の記憶が曖昧で、各項目ちゃんと詳細まで説明できていないけど、
この理論がいかに包括的かわかって頂けただろうか。

確かにこの全てを満たせばセックスできるに決まっている、というクソ包括的な理論だ。

全体として話が抽象的であり、
具体的に何ていうセリフを言えばいいのか?っていうレベルの事は語られていない。

そこは各自が自分で考えるよう促されている。

だから、具体的なセリフやオープナーを求めている人にはクズ情報かもしれない。

ただ、自分で試行錯誤する気がある人にとっては、試行錯誤するために非常に有益な指針になるはずなので、
何を指針にすればよいかわからず森の中をさ迷っているような場合は、
この7ヶ条を指針にする事をオススメしたい。

コメント

  1. ピック より:

    子供の頃からモテてきた人って、知識とか理論に頼らない気がするんですよね。感覚でモテ方が備わってるから。
    年齢上がってからモテようとしてきた人、ナンパ始めた人ほど、知識、ノウハウ、理論、教材に頼る気がするのですがそれで上手く行くのでしょーか?

    • marris marris より:

      >ピックさん
      ——
      母国語として英語を話している人は、
      英語の勉強なんてしなくたって英語をペラペラ話しています。
      母国語が英語じゃない人は、
      大人になってから英語の勉強を始めたりしますが、
      それでうまくいくのでしょうか?
      ——

      という話と同じような感じがしますね。

      結論、
      大人になってから英語の勉強を始めた人は、
      英語力で、英語ネイティブに人には勝てないですねえ。
      ただ、何もしないよりは確実に英語力は上がるので、
      勉強する事自体には大いに意味がある、という感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました