ナンパで女の子よりも上位の立場をとる方法

ナンパノウハウ

ナンパで女の子よりも上位の立場をとる方法について話しています。
(過度に女の子をディスったり、マウントをとるような事は、女の子にとって単純にウザい行為なのでやりません。)

(以下、加筆)

どうも、マリスです。

音声で話している事を文章としても書きますね。

女の子よりも上位に立つ方法、
女の子よりも上位・優位なポジションをキープするためのコミュニケーション方法、
について話しています。

ただ、ここで、
一部の恋愛工学勢の人たちがやっているような、
過度に女の子をディスったりするような事はやりません。

ネグ、
マウントをとる、
ディスる、
女の子の価値観を否定する、
みたいな事は、
俺はやりませんし、オススメもしません。

なぜって、こういう事をされたら単純にウザいからです。

あなたが街を歩いていて、誰かに声をかけられたとして、
たまたま話を聞く事があったとしましょう。

で、その時に、
声をかけてきた人があなたの事をディスってきたらどうですか?

普通にウザくないでしょうか。

常識的に普通にウザいのです。

深い信頼関係が構築されている間柄で、
本当にその人の事を思って説教みたいな事を言うのは、
言われている側としても納得がいくでしょうけど、

街でいきなり声をかけてきたくらいの人に、
自分自身の価値観を否定されたり、マウントとられたり、ディスられたりするのは、
ただただウザいですし、不快ですから、
こういったことはオススメしません。

無理に女の子を否定して、叩き落し、
無理矢理に自分が相対的優位のポジションをとって、
女の子をコントロールする、
みたいな事はやる必要が無く、やらない方がいいと思っています。

ただ、こちら(男側)が女の子よりも立場的に優位・上位にある状態というのを作る事ができれば、
色々とメリットがある事も事実。

ナンパというのは、
こちら(男側)が女の子に対して、
色々と誘いをかけたり、提案したり、オファーを投げていく事の連続ですが、
男が上位で女の子が下位、という立場関係を作れていれば、
話の展開は非常にスムーズかつ容易になります。

また、女の子側からしても、
適度に男が上位で、
男がリードしてくれる状態ってのは居心地がいいものです。

男と女の子が対等、もしくは男が女の子よりも下位の立場関係の状態で、
男がうまく女の子をリードできなかったり、
グダグダな流れになる事は女の子自身も望んでいない事です。

なので、
適度に男が上位・女の子が下位、という立場関係を作って、
その状態をキープしながら、
女の子とコミュニケーションをとっていくというのは非常に有益です。

適度に男が上位・女の子が下位、という立場関係は是非とも作るべきです。

では、どのようにしてこの立場関係を作るか、というと、
日常生活や仕事の場面において、
格下の者と格上の者がコミュニケーションをとる場っていうのがあると思うのですが、
単純に我々男が、格上の者がとる言動や立ち振る舞いをしていけばいいです。

これをする事で、自動的に女の子は格下の者がとる言動や立ち振る舞いをせざるを得なくなり、
男が上位・女の子が下位の立場関係が成立します。

格上、格下の例としては、
会社内での上司と部下、社長と部長、社長と課長、取締役と部長、先輩と後輩、等がありますが、
音声の中では、
社長と課長、というパターンを例にして話しています。

社長と課長がコミュニケーションをとる場合、
社長と課長、それぞれはどのような言動・立ち振る舞いをする事が多そうでしょうか。

まず、話す量についてはどうでしょうか。

社長と課長がコミュニケーションをとる場合、
どちらが沢山話すケースが多そうでしょうか。

もちろん、話す事が好きな人もいれば、無口な人もいるわけで、
最終的には、それぞれの人の特質次第、みたいな事になるわけですけど、
もう少し大雑把に、
社長と課長、という立場関係で、
どちらの立場の人の方が沢山話しそうか、というのを考えてみるとどうでしょうか。

・・・

・・・

・・・

恐らく、課長の方が沢山話しますね。

課長が社長に対して、色々な事を報告したり、ベラベラと状況の説明等をして、
沢山話すはずです。

それに対して社長というのは、
課長のその報告やら状況説明やらに対して、
たまにうなずいたり、「そこどういう意味かな?」とか「その部分もう少し具体的に説明して欲しい。」みたいに、
所々でツッコミを入れるくらいでしょう。

社長側が積極的に話すってことはしないはずです。

格下が沢山話して、格上はあまり話さない、
という事になります。

では、笑顔を見せる量についてはどうでしょうか。

社長と課長がコミュニケーションをとる場合、
どちらが沢山笑顔を見せるでしょうか。

この場合も、話す量のケースと同様に、
普段からニコニコしている人もいれば、ブスッとしている人もいるわけで、
最終的には、それぞれの人の特質次第、みたいな事になるわけですけど、
もう少し大雑把に、
社長と課長、という立場関係で、
どちらの立場の人の方が沢山笑顔を見せそうか、というのを考えてみるとどうでしょうか。

・・・

・・・

・・・

恐らく、課長の方が沢山笑顔を見せますね。

課長が社長に対して、好かれようとして作り笑顔をしたり、
無表情でいるのは失礼だと思って意識的に笑顔の状態をキープしたりしようとするはずです。

それに対して社長というのは、
意識的に笑顔をキープするような事はまずしないでしょう。

課長の話がおもしろかった際に、一時的に笑ったり、
話の内容が非常に居心地のいいものだった場合に、一時的に表情がゆるむ事がある、という程度で、
課長とのコミュニケーション全体の中で、
意識的に、笑顔を見せる時間を増やすような事はまずやらないでしょう。

社長側は、積極的には、笑ったりしないわけです。

格下が沢山笑顔を見せて、格上はあまり笑顔を見せない、
という事になります。

ここでは、
・話す量
・笑顔の量
という事を切り出して話しましたが、

格上の者と格下の者がコミュニケーションをとる際に、
格上の者がとりやすい言動や立ち振る舞い、
格下の者がとりやすい言動や立ち振る舞い、
というのが色々と存在するわけです。

で、女の子に対して上位の立場をとりたい我々男としては、
格上の者がとりやすい言動や立ち振る舞いをとっていくのが良いです。

我々が格上型の言動・立ち振る舞いをするとして、
女の子側が多少なりともこちらに興味を持ってくれている、仲良くなりたいと思ってくれている場合、
女の子側が格下型の言動・立ち振る舞いをとらない事には、
ナチュラルなコミュニケーションが成立しなくなるので、
女の子は自然と格下型の振る舞いをするようになります。

格上型に対して、格上型を当てていくというのは、非常に居心地の悪いコミュニケーションになりますからね。

あまり話さない、あまり笑わない人に対して、
あまり話さない、あまり笑わないスタンスでコミュニケーションをとっていくってのは、
非常に居心地の悪い空間ができるわけで、
女の子は基本的に居心地の悪い空間は嫌なので、
自然と格下型の振る舞いをするようになります。
(男側に対して多少なりとも興味や食いつきがある場合)

そういうわけで、
女の子に対して上位の立場をとる方法ですが、
やる事はシンプルで、
格上型の振る舞いをする、って事になります。

先ほどの社長と課長の例で言えば、
社長型の振る舞いをすればいいです。

先ほどは、
・話す量
・笑顔の量
という事を切り出して話しましたが、
社長型っぽい要素は多ければ多い方がいいです。

例えば、何か不測の事態や問題が生じた場合の、メンタルの揺さぶられ具合ってのは、
課長と社長で比べるとどうでしょうか。

どちらがあたふたして、
どちらがあたふたせず、動じず、メンタルが揺さぶられていない感じを保てそうでしょうか。

恐らく、
課長はあたふたして、
社長は一切動じず、メンタルが揺さぶられていない状態をキープできていそうではないでしょうか。

と、
そういう判断ができるのであれば、
社長型スタンスとして、

・無理して沢山話さない
・無理して沢山笑顔を出さない

という事に加えて、

・どんな事に対してもメンタルが揺さぶられている様を一切出さない。動じない。

という事も加えて、

そういうスタンスで振る舞っていけばいいのです。

一応簡単な注意をしておきますが、
・無理して沢山話さない
・無理して沢山笑顔を出さない
と言っても、
本当に全く話さない無口な人で、ず~っとブスッと不満げな表情をしているだけの人になってしまったら、
ただの絡みにくい、ウザい奴になってしまいますので、
最低限、
女の子に適切に質問を投げる、とか、
女の子の発言に対して適切にリアクションする、とかってのは、
やっている事が前提ですよ?

最低限、普通にコミュニケーションがとれるレベルの事はやった上で、
そこから課長型スタンスをとるのではなく、
社長型スタンスをとりましょう、って話です。

そういう意味では、
一部の人はナンパでマシンガントークをする事や、できるだけ沢山笑顔を見せていくことを推奨している人がいますが、
女の子よりも上位の立場をとる、という観点では、
これらはオススメできません。

まあ、
マシンガントークや沢山の笑顔を見せる事を推奨している人ってのは、
そういうやり方で結果がでているからこそ推奨しているのだと思うので、
一概にそれらを否定する気はないですし、
それはそれで1つのやり方なのだとは思うのですが、

少なくとも、
女の子よりも上位の立場をとって、女の子をスムーズにリードできる状態を整える、
という観点でいけば、
それらはマイナスであり、
俺はやらないです。

話が少し長くなってきたので、
最後にもう一度結論を書きますが、
女の子とのコミュニケーションで上位の立場をとりたい場合は、
格上の者と格下の者がコミュニケーションをとる場合に、
格上の者がとるであろう言動や立ち振る舞いをこちらがとっていく事で、
女の子側に格下型のスタンスをとらせて、
こちら→格上
女の子→格下
という立場関係を作ってしまえばいい、という話になります。

ありがとうございました。

コメント

  1.   w より:

    あまり話さない、あまり笑わない、も程度が重要っぽいですね。
    もっとナチュラルにコミュニケーション取るのでは駄目なんですかね??

    • marris marris より:

      >wさん
      ナチュラルに普通にコミュニケーション取る事で、うまくいくのであれば、それが一番いいですよ。

      ・女の子をうまくリードできない
      ・女の子にうまく使われてしまう
      ・女の子に舐められてしまってセックスできない
      等、
      何かしらの悩み・問題がある方を対象として、
      何かしらの解決策を提示する意図で記事を書きました。

      普通にやって普通に結果でますぜ、って場合は、普通にやれば大丈夫ですw。

      • W より:

        おおおっ!納得の回答です。ありがとうございます。

        長くナンパしていると、上積みが作れない。つまり、今の自分と去年の自分、一昨年の自分、を比較して、スキル面も女の子のレベルも上がっていない。ということが起こり易いと思います。

        マリスさんはこういう状態に陥ったことはありますか?
        また、こういう状態をどう打開すれば良いでしょうか??

        • marris marris より:

          >Wさん
          伸び悩み、成長が見られない、といった悩みですかね。

          同じような事を行っている場合、
          客観的に成長が鈍化するようなラインに到達してしまうのは、仕方のない事かとは思います。

          筋トレも初期の頃はどんどん筋肉がつきますが、延々に筋肉が付き続けて無限にデカくなる事はないし、
          100m短距離走にしても、初期の頃はどんどんタイムが縮まりますが、
          同じ練習を継続する事で、13秒→12秒→11秒→10秒→9秒→8秒→7秒→6秒と際限なく速くなり続けるような事は無いですしね。

          どの分野であれ、
          それぞれの人にとって、
          そのラインより上にいくのは、
          「これまでと同じ事をやっている限りにおいてはかなり困難」ってラインがあるはずなので、
          おっしゃっている事は普通の事だと思いますよ。

          なので、もっと上にいきたいんだ!って場合は、
          抜本的にこれまでと違う事を生活・ナンパに取り入れたり、ナンパの方法を変えるって感じで、
          「意図的に変化をつける」事が必要かと思います。

          同じように家と会社の往復をして、
          同じような髪型・服装で、
          同じような街にナンパに出て、
          いつも同じような声かけ・トークをしている、
          って場合、
          インプットとしても新しい情報が入ってきていないですし、
          アウトプットとしても既存と同じものしかアウトプットしておらず、
          これだと、一定レベルまでいった人は更なる成長は難しいかと思います。

          人間変化しない事を好みますから、
          基本的には、これまでやってきた事と同じ事をダラダラと継続するっていうのが居心地いいわけで、
          「どんどん、新しい事を試しましょう!」っていうのは、言うのは簡単・やるのは難しい事の最たるものですけど、
          成長を望むのであれば、やるしかないですかね。

          ・現状でほぼルーティンになっている声かけ・連れ出しの流れがあるのであれば、全然違うスタイルを考えた上で、それをやってみる。

          ・繁華街、いわゆるナンパスポットでナンパしているのなら、ローカルな誰もやらなそうな所でナンパしてみる。

          ・いったんカフェに連れ出しをするスタイルでやっているなら、直接の家連れ出し限定でやってみる。

          ・めちゃめちゃ深い話ができるようになるため、手あたり次第に読書して、インプット量を爆発的に伸ばす。

          ・これまでと全然違う髪型にしてみる。これまでと全然違う服装にしてみる。

          ・ババアをナンパしてみる。

          ・酒飲んで酔拳でナンパしてみる。

          思いついたものをダラダラ書いただけなんで、もっといい変化の出し方があれば、それを試して頂きたいのですが、
          とにかく何かしら、新しい事をやってみる、変化を出す、って事ですかね。

          • W より:

            ありがとうございます。
            徒競走の例えはハッとしました。
            せっかくなので上記を記事にされてはいかがでしょう?
            めちゃくちゃ有益なご回答ですが、多くの人が見れてないと思います。
            パソコンからは分かりませんが、スマホからは「最近のコメント」にはなかなか気付かずたどり着きにくいです。

          • marris marris より:

            >Wさん
            貴重なご意見ありがとうございます。
            せっかくなので、記事にしてみますね。

タイトルとURLをコピーしました