惰性でナンパを継続すると頭打ちになる

ナンパの真実

どうも、マリスです。

先日書いた、
「ナンパで女の子よりも上位の立場をとる方法」という記事にて、
Wさんという読者さんより、下記のコメントを頂きました。

—ここから>>>
長くナンパしていると、上積みが作れない。つまり、今の自分と去年の自分、一昨年の自分、を比較して、スキル面も女の子のレベルも上がっていない。ということが起こり易いと思います。

マリスさんはこういう状態に陥ったことはありますか?
また、こういう状態をどう打開すれば良いでしょうか??
—<<<ここまで

それに対して、自分は下記のように回答しました。

—ここから>>>
伸び悩み、成長が見られない、といった悩みですかね。

同じような事を行っている場合、
客観的に成長が鈍化するようなラインに到達してしまうのは、仕方のない事かとは思います。

筋トレも初期の頃はどんどん筋肉がつきますが、延々に筋肉が付き続けて無限にデカくなる事はないし、
100m短距離走にしても、初期の頃はどんどんタイムが縮まりますが、
同じ練習を継続する事で、13秒→12秒→11秒→10秒→9秒→8秒→7秒→6秒と際限なく速くなり続けるような事は無いですしね。

どの分野であれ、
それぞれの人にとって、
そのラインより上にいくのは、
「これまでと同じ事をやっている限りにおいてはかなり困難」ってラインがあるはずなので、
おっしゃっている事は普通の事だと思いますよ。

なので、もっと上にいきたいんだ!って場合は、
抜本的にこれまでと違う事を生活・ナンパに取り入れたり、ナンパの方法を変えるって感じで、
「意図的に変化をつける」事が必要かと思います。

同じように家と会社の往復をして、
同じような髪型・服装で、
同じような街にナンパに出て、
いつも同じような声かけ・トークをしている、
って場合、
インプットとしても新しい情報が入ってきていないですし、
アウトプットとしても既存と同じものしかアウトプットしておらず、
これだと、一定レベルまでいった人は更なる成長は難しいかと思います。

人間変化しない事を好みますから、
基本的には、これまでやってきた事と同じ事をダラダラと継続するっていうのが居心地いいわけで、
「どんどん、新しい事を試しましょう!」っていうのは、言うのは簡単・やるのは難しい事の最たるものですけど、
成長を望むのであれば、やるしかないですかね。

・現状でほぼルーティンになっている声かけ・連れ出しの流れがあるのであれば、全然違うスタイルを考えた上で、それをやってみる。

・繁華街、いわゆるナンパスポットでナンパしているのなら、ローカルな誰もやらなそうな所でナンパしてみる。

・いったんカフェに連れ出しをするスタイルでやっているなら、直接の家連れ出し限定でやってみる。

・めちゃめちゃ深い話ができるようになるため、手あたり次第に読書して、インプット量を爆発的に伸ばす。

・これまでと全然違う髪型にしてみる。これまでと全然違う服装にしてみる。

・ババアをナンパしてみる。

・酒飲んで酔拳でナンパしてみる。

思いついたものをダラダラ書いただけなんで、もっといい変化の出し方があれば、それを試して頂きたいのですが、
とにかく何かしら、新しい事をやってみる、変化を出す、って事ですかね。
—<<<ここまで

で、これを自分で書いていて思ったのですけど、
俺は2006年頃にストリートナンパを始めて、20代は膨大な時間をストリートナンパに費やしたわけなのですが、
ナンパを始めて2,3年経ったときの実力と、ナンパを始めて10年くらい経った時の実力ってのは、
ほぼ変わってないな、と気づいたのですね。

基本的に、
思考停止状態で、同じ事を同じようにやるだけでも最初をグングン伸びるわけです。

一番最初はまず地蔵克服して、とにかく女の子に沢山声をかける所から始まりますね。

で、特にその頃ってのは、
とにかく頑張って沢山声をかけるってことだけやってれば、どんどん伸びるわけです。

それで、どんどん女の子から連絡先が聞けるようになったり、連れ出しをできるようになったり、
即日セックスができるようになったり、と
成長していくわけですけど、

ナンパを始めて一定期間経つと、
一通り、自分なりのベストなルックスっていうのも作り方がわかるし、
話す内容・トークも固まってくるし、
女の子に対して精神的優位に立つマインドってのも確立されてくるので、
そこそこ安定的に結果がでるっていう状態がくるわけですね。

この状態に達すると、
思考停止して、これまでと同じ事をやっているだけだと一切成長が無くなるわけです。

俺は、20歳でナンパを始めて、
22歳か23歳頃には、一通りそれなりのナンパ師になっていたわけですけど、
そこから、
マジで思考停止して何も考えず、
いつもと同じような街にいつもと同じような仲間と出て、
いつもと同じようなセリフを言って女の子に声をかけ、
いつもと同じようなセリフで即日セックスを試み、、、
って感じでやっていたので、
23歳頃からは、成長という成長が無かったのですね。

当時は、
ナンパに出る事自体が楽しかったし、
ナンパで知り合った女の子でホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射できていればそれで満足だったので、
“成長”という事を意識して、何かをやろうって事は全然なかったのですね。

Wさんの回答で書いた100m短距離走の例でいくと、
もともと走るのが超遅かったけど、
基本的なトレーニングによって、
もともと100m 20秒くらいかかっていたのが、
20秒→19秒→18秒→17秒と縮まっていき、
11秒っていう、そこそこ早いぐらいの所まできたのに、
同じトレーニングだけをダラダラとやっているもんだから、
永遠に11秒からは速くならない、
みたいな事を20代の時にやっていたわけです。

結局は、楽しいかどうか、自分が満足かどうかが全てであって、
当時は当時で楽しかったので、
特に後悔しているとかはないのですけど、
日々のナンパ活動で短期的に楽しい、短期的に性欲を満たせて満足、ってのに加えて、
“より成長する”っていう事にもコミットしていたら、
もっと満足度は高かったのかなと思うのですね。

で、一定レベルまできた上で、さらに成長するためには、
意図的に活動に変化をつけて、
これまでやっていなかったパターンの事をやる、ってのが有益だと思っています。

既存のやり方でそれなりの結果がでるわけだから、
既存以外の所に何かを求める必要がありますね。

当時は全くそれをしなかった。

同じ街で、同じ仲間と同じようなナンパをして、
ってのを毎回繰り返すだけ。

何か新しい試みとか、活動に変化をつけようとする事は一切無かったですね。

なので、
実力的には、現状と23歳の頃を比べても、ほとんど変わっていないかもしれないですね。

加齢によるルックスの衰えを考慮すると、悪化してるかもw。

で、ここまで書いてきたことを33歳になってやっと気づいたので、
これからは、色々変化をつけたナンパ活動をしていきたいですね。

まずは、バカみたいに同じ街に出るだけじゃなくて、変わった街でも声をかけてみたいですね。

山の手線ナンパと題して、
山手線の各駅で降りて、最低1人からLINEをゲットできないと次の駅には移動できないって縛りを設けて、
山手線の全駅を制覇するとかはどうでしょうかw。

他にも、毎回同じような型にはまったトークばかりしないで、
あえて違う流れにしてみる、とかってのもいいかもしれませんね。

いずれにせよ、変化・新しい事ってのは意識してやっていきたいです。

P.S.
あと、ここまで書いた事と何の関係も無いのですけど、
本当は、
ガンガン、卑猥な画像やら音声やら、ハメ撮り的なものをこのブログにアップしていきたいけど、
それを我慢している、
っていうのを言わせて欲しいw。

俺自身、2006年にストリートナンパを始めたきっかけってのは、
即日セックスした女の子達の卑猥な画像満載なエロいナンパブログだったわけですよw。

それを見て、
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ってなったからこそ、
俺の中では、
ナンパブログ=エロい即画像満載
っていうものだと思っていて、
もうそのエロい画像を見るだけで、
精子の匂いがプンプンと匂ってくるような臨場感あふれるブログにしたい
ってのが本心なわけですよw。

ただ、このご時世、
そういう卑猥な画像やら動画やら満載にして、
変な形で目立ってしまうと、
変な形で妙な所から目をつけられて、
妙な結果になってしまう可能性があるので、
それができないのですよw。

だから、
基本文字ばっかりのブログになっているのですね。

うん、
これ言いたかったので、
言わせて頂きましたw。

文字ばっかりで、
このブログを見るだけで勃起したり、ハアハアできるような状態にはできないのですけど、
今後ともよろしくお願いしますw。

では、また!!!

卑猥な画像とかはメルマガでぶちまけるかもw。

コメント

  1. W より:

    土曜日なのに、街に良い女の子がいないなー、おじさんおばさんばかりだなー、という日もあると思います。

    そういった状況で、

    ・サクッと帰るのか、
    ・街がイマイチだろうが良い状態だろうが1人連れ出してゲットすればナンパは成功なのだから街に残るのか、

    正解はない問いだと思いますが、マリスさんのお考えを聞きたいです!

    • marris marris より:

      >Wさん
      今の自分であれば、そのような状況であれば、
      >・サクッと帰る
      を選択します。

      その人(ナンパ師)の、自分にとってのナンパの重要度とか、ナンパで得られる幸福感とかによって変わるかと思います。

      わかりやすい例として、

      ナンパを始めたてで、街に出るのが楽しくてしょうがない、女の子に声をかけるのが楽しくてしょうがない、
      土日にやりたい事としてはとにかくナンパであって、ナンパ以外の事を余暇に行う気はない!

      みたいな人の場合、
      サクッと帰った所でナンパ以上に楽しめて幸福を感じられるアクティビティがないわけですから、
      街で粘って、誰かしらを連れ出しとかできる方が、
      幸せな日曜日になるはずですね。

      あと、オススメはしないですけど、
      その他のナンパ師とナンパでの成果を競っていたりする場合も、
      サクッと帰る、ってのは無いでしょう。

      逆に、

      ナンパ経験がある程度長く、ナンパ自体がめちゃめちゃ楽しいっていう感覚は弱まってきていて、
      かつセックス経験も多いために、新規の女の子を1ゲットする事の満足度ってのが自分の中でそこまで高くなく、
      かつナンパ以外にも色々と時間を割きたい趣味だったり活動がある、

      って感じの人の場合、
      サクッと帰って別の事をやるなり、翌日に備えてとっとと寝た方がいいかと思います。

      人生=ナンパではなくて、
      ナンパってのは人生色々ある中の1つのアクティビティにしかすぎないわけなので、
      ・ご自身にとってのナンパの重要度、
      ・ナンパでどれだけ満足を感じられるのか、
      ・1日24時間という限られた時間の中で、ナンパってのはどのくらいの優先度があるのか、
      みたいな事で、
      それぞれに人によって変わってくるのだと思いますねー。

      結局、人生全体として感じられる幸福量、満足度合いってのを増やすのが一番大事な目的であって、
      ナンパ活動も、その一番大事な目的に従属させる形で、
      活動形態を合わせるのがいいでしょう。

      例によってまた記事にさせてもらいますねw。

タイトルとURLをコピーしました