ナンパした女の子に、ルックスとトークどちらが重要なのか聞いてみた②

ナンパの真実

※2019/12/21 :会話内容の書き起こしを追記しました。

■女がボソボソと何を言ってるのかわからない所は省いての、書き起こし■

俺「街で普通にナンパされるとして、その人のルックスとトークどっちが重要?」

女「どっちだろう。ご飯食べる、ってなって、話さない事は嫌なの。」

俺「ご飯まで行く前の話だね。街で~、、」

女「ホテルに行くまでって事?」

俺「ホテルとか、そんな次元じゃなくて。街で声をかれられて無視とかもするわけじゃん。」

女「するする。」

俺「その時に、ちゃんと会話するようにしたいわけだよ。」

女「顔・顔・顔。」

俺「顔?」

女「うん。」

俺「夢が無いね。」

女「だって、切り口は、お姉さん今何してるの?、じゃん。まず顔見るじゃん。」

俺「顔は見るね。」

女「でもさ、私もさ、人見知りなんだけど、そうやって声かけられたら普通に喋れるの。どうなんだろう。トークなのかな、やっぱり。喋るは喋るよ。で、いざ、こういう所に来るってなったら、ルックスは気にしなくはないじゃん。嫌じゃん、おじさんと二人でって。」

俺「ちなみに何歳、というか、どのレベルからがおじさん?」

女「嵐ぐらいじゃん?嵐はおじさんて呼んでるから。」

俺「かっこいい場合はお兄さん部類になります、みたいのは無いの?」

女「なりません。おじさんです。」

俺「じゃあ嵐とはヤレない?」

女「ヤレない。」

俺「そんなこと言ったって、嵐とそういう感じになったらヤルでしょ。」

女「ヤラないよ。タカヒサとならヤレる。」

俺「タカヒサって誰?」

女「マッスー。」

俺「NEWSのマッスー?」

女「そうそう。追っかけてる歴が長すぎて、そういう感じが無くなった。」

俺「嵐って、34ぐらい?35ぐらい?」

女「大野が39だね。」

俺「そんないってんの?もう40?」

女「なるなる。」

俺「意外といってたわ、意外といってた。」

女「おじさんでしょ?かわいいおじさん達。」

俺「もう一回戻るんだけど、街で声をかけられます。で、会話をしていいと思えるかどうか、という次元の話をするとして、ルックスとトークどっちが重要?
ルックスがそこまで良くないんだけど、すごいおもしろい感じで来る人と、
ルックスが良くて無口とかつまんない感じで来る人だったら、
どっちがいい?」

女「無口はつまんねーよー、、、。

俺「無口はつまんない?イケメンの無口は微妙?」

女「それは絶対ダメ。」

俺「じゃあルックスがそこまでじゃなくても、おもしろい人の方がいい?」

女「うん。絶対おもしろい人がいい。」

俺「おもしろい人がいい?」

女「うん。だって、それで付き合いますってなったら、かっこよくも見えてくるよ。
そんなピンキリの話してないでしょ?
おじさんとかではないでしょ?」

俺「じゃないじゃない。」

女「普通にいる、今の若者ででしょ?」

俺「普通の若者で別にイケメンではないっていう。
じゃあ面食いっていうよりは、おもしろい人の方がいいって事だね。」

女「そうだね。ベストは、かっこよくておもしろい人だよ。」

俺「そりゃ、ベストはそうだよ。」

女「どっちかって言ったら、トークだね。」

俺「トーク重要?」

女「重要でしょー。会話で成り立つから。」

俺「そうだね。」

女「いいこと言ったわー。」

俺「普通だけどね。」

女「普通なの?普通か。」

俺「普通の人が言うレベルの事だね。」

女「そっか、普通か。」

 

■結論■
最初は「顔が重要」と言っていましたが、
最終的には「トークが重要」と言っておりました。

 

※ナンパした女の子に、ルックスとトークどちらが重要なのか聞いてみた①
は、こちら↓↓↓

コメント

  1. w より:

    聞こえなかったです!

  2. marris marris より:

    >wさん
    ボリュームを上げてください。

  3. ズキふぁん より:

    女好きさんの「ナンパの技術」って良いことも沢山書いてあるのですが、誤読してる人も多く、実際のナンパに正しく取り入れている人は少なくないですか?

    購入者の1割未満しか有効活用出来ている人はいないのかなと。

    • marris marris より:

      >ズキふぁんさん
      ビジネス書とか何でもそうですが、
      何か抽象的な事が書いてある書物を読んで、
      それを具体的なアクションに落とせる人は少ないです。

      RNAの「ナンパの技術」も
      書いてある事は基本的には抽象論なので、
      それを具体的に体現して、
      アクションに落とし込める人は少ないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました