新宿アポにてムチムチの女とラブホテルでセックス

アポ

どうも、マリスです。

 

某日。

 

アポのため、新宿に向かう。

 

現状、
即日セックス偏重とか、
無理に短時間でセックスを狙う活動はしていないので、

 

この日のアポでも、
無理にセックスに持っていく事は狙わず、
とりあえずダラダラ過ごすくらいの気持ちで
アポに向かった。

 

新宿東口にて女の子と合流。

 

小柄でムチムチしている。

 

年は、20歳か21歳くらい。

 

とりあえず
ダラダラと会話ができる所に入りたかったけど、
俺は混んでる場所が非常に嫌い。

 

なので、
カフェに入るにしても、
混んでいない所を探す必要がある。

 

駅の近くにあるスタバとかドトールは
100%混んでいるので、
カフェに入るのであれば、
目立たない所にある
マイナーっぽい所を選んで入るようにしている。

 

もしくは、
昼の時間帯であれば
カラオケの料金も安いので
カラオケに行くのもアリだ。

 

空いてるカフェと言えども、
個室の快適さには敵わないので、
その日のアポは日中帯だったこともあり、
カラオケに入る事にした。

 

で、

 

カラオケに入り、フロントへ。

 

俺「2人です。入れますか。」

 

カラオケ店員「申し訳ございません。2時間待ちとなります。」

 

俺「、、、、、、、、、、、。」

 

そのカラオケに入る事は諦めた。

 

で、
また別のカラオケか、
もしくは混んでいないカフェがあれば
そこに入ろうと、
女の子と街を歩きだす。

 

で、
街を歩きながらの女の子との会話にて、

 

俺「昨日何してたの?」

 

女の子「女の子で集まって、飲んでてー」

 

俺「うん、それで?」

 

女の子「その後、クラブ行った。」

 

俺「からの?」

 

女の子「めちゃイケメンにナンパされた!」

 

俺「からの?喋って終わり?」

 

女の子「なわけないじゃん。ヤッたよ。」

 

俺「w」

 

クラブでイケメンにナンパされてセックスするってのが、
いたってナチュラルな普通の事であるかのような口ぶり。

 

そして、
それを隠す事無く、
普通に言ってくるあたりを考慮すると、

 

完全なる即系と判断。

 

即日セックスに偏重したり、
無理に初回アポでセックスに持ち込もうとする活動は、
自分自身が疲弊するし、
総合的な満足度も低い事に気が付いたので、

 

短時間で無理にセックスに持ち込む事に価値を置くのは
やめたのだけど、

 

ナチュラルに短時間でセックスに持ち込める女に
わざわざダラダラと
長い時間をかける事もまた不毛である事も真実。

 

普通に即系であり、
貞操観念が低く、
短時間でセックスしてしまう事に心理的抵抗感が少ない女であれば、
短時間でセックスしてしまった方がよい。

 

そのアポの女の子は完全なる即系であると判断し、
もともとはその日中のセックスを無理に狙わない予定だったけど、
短時間でセックスする流れにする事に予定変更。

 

完全なる即系であるとわかった以上、
わざわざカフェやらカラオケやらをはさむ必要も無い、
と判断し、
直接ラブホテルに入ってしまう事にした。

 

女をラブホテルに連れ込む際に俺がやる事と言えば、
フワ~っとラブホテル街に歩いて行き、
フワ~っとラブホテルに入ってしまう、
という、それだけ。

 

いちいち妙な打診をするから、
グダられるのであって、
フワ~っとラブホテル街に向かって、
フワ~っとラブホテルに入ってしまえば、
ラブホテルに入る・入らないのフェーズで
女からグダがでる確率は低くなる。

 

「え?、なんでここ?」みたいな事を言われた場合も、
「大丈夫大丈夫」とか、
「まあ、いったん入ろう。」とか、
フワッと適当な事を言ってしまえば入れる事が多い。

 

そんなわけで、
そんな流れでラブホテルに入ってしまう事にした。

 

その女の子とダラダラ歩きながら、
ラブホテル街に入っていく。

 

変に料金が高い所に入るのも嫌だったので、
いい具合に料金が安そうな所に入ろうと、
外観がそこそこボロいラブホテルを探す事にした。

 

で、
そこそこ外観がボロいラブホテルを発見したので、
そこに入る事にした。

 

俺(フワッとラブホテルに入る。)

 

女「え?なんで?」

 

俺「いったん」

 

女「いや、なんでよw」

 

俺「大丈夫、いったん。」

 

で、ラブホテルにin。

 

ラブホテルのフロントに行き、
空いている部屋を確認すると、
料金の高い部屋しか残っていなかった。

 

休憩で8000円以上する部屋しか残っていなかった。

 

「ボロいくせに高いなあ、、、」
と思いつつ、
そこでそのラブホテルを出て、
別のラブホテルを探し出すような事をすれば、
女の子の気持ちが変わり、
そもそもとしてラブホテルに直接入る事自体が
できなくなってしまう可能性があったので、
しょうがないので、
そのままそのラブホテルに入る事にした。

 

で、ラブホテルの部屋にin。

ラブホテルの部屋に入ってからは、
すぐにギラつくような事はせずに、
いったんダラダラ話す。

 

女の子はベッドの上。

 

俺はソファに座っている。

 

そのまま、
ダラダラと話しつつ、
俺がトイレに行き、
トイレからの戻りで
ソファに戻らずに、
女の子がいるベッドの上に戻る。

 

ベッドの上でさらに20分程ダラダラと会話をし、
女の子を後ろからハグする姿勢をとり、
ギラつきを開始。

 

普通におっぱいを揉んでもOKな感じだったので、
そのままどんどん女の子を服を脱がし、
女の子を全裸にする。

 

女の子「なんで私だけ脱いでるのw」

 

からの、
俺も服を脱ぎ、
ビンビンにいきり立った血管まみれのチンコを披露。

 

からの、
ビンビンにいきり立った血管まみれのチンコを、
ムチムチの女の子のマンコにin。

 

★セックス音声★

 

ビンビンにいきり立った血管まみれのチンコから、
ホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射。

 

それにて、完全なる賢者モードに突入。

 

性欲ゼロ。

 

チンコは全くもって使い物にならないレベルで
フニャフニャのまま。

 

つくづく、
男ってのは、
精子が溜まっている状態と、
精子を放出し終わった状態とで、
これでもかって程に性欲のレベルが変わる、
ってのを再確認。

 

たとえ、どれだけイイ女で、
顔やらスタイルやらが完璧な女が、
目の前に裸でいたとしても、
精子を放出した直後であれば、
全く持ってそのイイ女に対して性欲は沸かない。

 

逆に、
たいした事のない女であっても、
精子が溜まりまくっていれば、
その女とヤリたくてヤリたくて仕方のない状態となる。

 

我々男は完全に精子に支配されている。

 

精子が溜まっているから、
性欲が高まった状態となり、
その精子を放出したいがために、
ストリートナンパに繰り出す。

 

そして、
無事に精子を放出し終えたら、
賢者モードとなり、
性欲はゼロになり、
帰宅する。

 

非常に滑稽だw。

 

そんなわけで、
ホワイトソースをドッピュドッピュと大量発射し、
賢者モードに突入していた俺だったわけだけど、

 

女「ねえ、私イッてないんだけど。なんとかしてよ!」

 

女の子が、「イかせろ」と言ってくる。

 

賢者モードに突入している俺にとって、
女の子をイカせる事には1mmたりとも
モチベーションが沸かない。

 

そんなわけで、
女の子の「イかせろ」要求をシカトするも、

 

その後も2度・3度と「イかせろ」要求が突きつけられる。

 

それ以上シカトを続けるよりも、
イかせてしまった方がむしろ楽だと判断し、
手マンにてその女の子をイかせる事にする。

 

★手マン音声★

 

手マンにて、女の子は満足した様子だった。

 

その後、一緒に飯を食ったりする事は無く、
ホテルでセックスをしただけで解散となった。

コメント

  1. より:

    女好きさんとナンパしても坊主なんてあるんですか?
    クリスマスだからでしょうか。
    半日で何連れ出しくらいされたんですか??

    • marris marris より:

      >かさん
      坊主も普通にありますよ。
      あまり声をかけていなかった、ってのもありますが。

      2連れ出しくらいだったと思います。

      • より:

        連れ出した後にどう転ぶのかは凄腕でも予想付かないもんなんですかね?

        初期の食い付きがあればあるほど自然とギラつけるフェースまで行きやすいと思うのですが。

        • marris marris より:

          >かさん
          結局の所、他人をコントロールする事はできないので、
          連れ出し後にどうなるかは、
          どんな男でもわからないですよ。

          連れ出し時点で”イケそうな”感じがして、
          結果、実際に”イケた”、
          というケースが発生するのは事実ですが、
          それすらも、
          実際に連れ出しをして初めて結果がわかる事です。

タイトルとURLをコピーしました